• ホーム
  • お知らせ
  • 制度・手続
  • 施策・支援情報
  • 資料・統計
  • 特許庁について
  • お問い合わせ Q&A

マイページ

使い方

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

ここから本文です。

PCT第4.17規則に規定する申立て(標準文言)

特許協力条約(PCT)規則4.1 (c)(ⅲ)、規則4.17に従い、出願人は、願書において以下の申立てを含めることができます。

記載してください。

  • (ⅰ) 発明者の特定に関する申立て
  • (ⅱ) 出願し及び特許を与えられる出願人の資格に関する申立て
  • (ⅲ) 先の出願に基づく優先権を主張する出願人の資格に関する申立て
  • (ⅳ) 発明者である旨の申立て(米国に対してのみ有効)
  • (ⅴ) 不利にならない開示又は新規性喪失の例外に関する申立て

申立ては、その申立てが適用を希望する指定国のために、実施細則第211号から第215号に規定する標準文言に従って記載しなければなりません。標準文言が該当しないような特別の場合には、規則4.17に規定する申立てを提出することはできず、それぞれの指定国の国内要件を満たさなければなりません。また、規則4.17に従って申立てが作成されたからといって、その内容が立証されるわけではなく、指定国におけるその効果は、その指定国の国内法令によって決定されます。

〔 〕には、該当する場合に標準文言を記載、または選択して記載してください。( )には、申立ての状況に応じた内容を記載してください。

PCT実施細則 第211号
発明者の特定に関する申立て

Section 211
Declaration as to the Identity of the Inventor

(a)規則4.17(ⅰ)に規定する発明者の特定に関する申立ての文言は、以下に従うものとする。
「発明者の特定に関する申立て(規則4.17(ⅰ)及び51の2.1(a)(ⅰ))
〔本〕国際出願〔PCT/JP○○/○○○○○〕に関し、(あて名)在住の(氏名)は、本国際出願によって保護を求められている対象の発明者である。
(b)発明者の氏名及びあて名が願書に表示されている場合は、本申立てを行う必要はない。
(c)この申立ては、該当する場合には、第212号(b)に従い、第212号(a)に規定する申立てと組み合わせることができる。

(a) Any declaration as to the identity of the inventor, referred to in Rule 4.17(ⅰ), shall be worded as follows;
“Declaration as to the identity of the inventor (Rules 4.17(ⅰ) and 51bis.1(a)(ⅰ)):
in relation to [this] international application [No. PCT/…], … (name) of … (address) is the inventor of the subject matter for which protection is sought by way of [the] [this] international application”
(b) This declaration need not be made if the name and address of the inventor are otherwise indicated in the request.
(c) This declaration may, where applicable, be combined, in accordance with Section 212(b), with the declaration referred to in Section 212(a).

PCT実施細則 第212号
出願し及び特許を与えられる出願人の資格に関する申立て

Section 212
Declaration as to the Applicant’s Entitlement to Apply for and Be Granted a Patent

(a)規則4.17(ⅱ)に規定する、出願し及び特許を与えられる国際出願日における出願人の資格に関する申立ての文言は、以下に従うものとする。出願人の資格を説明するため、必要に応じて以下の(ⅰ)から(ⅷ)の項目に掲げられた事項の記載、省略、繰返し及び並べ替えにより文言を作成するものとする。
「出願し及び特許を与えられる国際出願日における出願人の資格に関する申立て(本申立てが規則4.17(ⅳ)に規定する申立てに該当しない場合)(規則4.17(ⅱ)及び51の2.1(a)(ⅱ))
〔本〕国際出願〔PCT/JP○○/○○○○○〕に関し、以下の事実により、(氏名又は名称)は、出願し及び特許を与えられる資格を有している。

(ⅰ)

(あて名)在住の(氏名)は、本国際出願によって保護を求められている対象の発明者である。

(ⅱ)

(氏名又は名称)は、発明者たる(発明者の氏名)の雇用者としての資格を〔有している〕〔有していた〕。

(ⅲ)

(日.月.年)付で、(氏名又は名称)と(氏名又は名称)との間に締結された契約

(ⅳ)

(日.月.年)付で、(氏名又は名称)から(氏名又は名称)へなされた譲渡

(ⅴ)

(日.月.年)付で、(氏名又は名称)が(氏名又は名称)のために与えた同意

(ⅵ)

(日.月.年)付で、(裁判所名)が発した、(氏名又は名称)から(氏名又は名称)への移転を命じる裁判所命令

(ⅶ)

(日.月.年)付で、(具体的な移転の種類を記入)によってなされた(氏名又は名称)から(氏名又は名称)への資格の移転

(ⅷ)

(日.月.年)付で、出願人の氏名又は名称が(氏名又は名称)から(氏名又は名称)に変更されたこと。


(b)上記(a)に規定する申立ては、該当する場合は第211号(a)に規定する申立てと組み合わせることができる。この場合、冒頭の文言は以下に従うものとし、他の箇所の文言は(a)に規定する文言に従うものとする。
「出願し及び特許を与えられる国際出願日における出願人の資格に関する申立て(規則4.17(ⅱ)及び51の2.1(a)(ⅱ))、及び発明者の特定に関する申立て(規則4.17(ⅰ)及び51の2.1(a)(ⅰ))を組み合わせた申立て(本申立てが規則4.17(ⅳ)に規定する申立てに該当しない場合)」

(a) Any declaration as to the applicant’s entitlement, as at the international filing date, to apply for and be granted a patent, referred to in Rule 4.17(ⅱ), shall be worded as follows, with such inclusion, omission, repetition and re-ordering of the matters listed as items (ⅰ) to (ⅷ) as is necessary to explain the applicant’s entitlement:
“Declaration as to the applicant’s entitlement, as at the international filing date, to apply for and be granted a patent (Rules 4.17(ⅱ) and 51bis.1(a)(ⅱ)), in a case where the declaration under Rule 4.17(ⅳ) is not appropriate:
in relation to [this] international application [No. PCT/…],
… (name) is entitled to apply for and be granted a patent by virtue of the following:

(ⅰ)

… (name) of … (address) is the inventor of the subject matter for which protection is sought by way of [the] [this] international application

(ⅱ)

… (name) [is] [was] entitled as employer of the inventor, … (inventor’s name)

(ⅲ)

an agreement between … (name) and … (name), dated …

(ⅳ)

an assignment from … (name) to … (name), dated …

(ⅴ)

consent from … (name) in favor of … (name), dated …

(ⅵ)

a court order issued by … (name of court), effecting a transfer from … (name) to … (name), dated …

(ⅶ)

transfer of entitlement from … (name) to … (name) by way of … (specify kind of transfer), dated …

(ⅷ)

the applicant’s name changed from … (name) to … (name) on … (date)”


(b) The declaration referred to in paragraph (a) may, where applicable, be combined with the declaration referred to in Section 211(a), in which case the introductory phrase shall be worded as follows and the remainder of the combined declaration shall be worded as prescribed in paragraph (a):
“Combined declaration as to the applicant’s entitlement, as at the international filing date, to apply for and be granted a patent (Rules 4.17(ⅱ) and 51bis.1(a)(ⅱ)) and as to the identity of the inventor (Rules 4.17(ⅰ) and 51bis.1(a)(ⅰ)), in a case where the declaration under Rule 4.17(ⅳ) is not appropriate:”

PCT実施細則 第213号
先の出願に基づく優先権を主張する出願人の資格に関する申立て

Section 213
Declaration as to the Applicant’s Entitlement to Claim Priority of Earlier Application

規則4.17(ⅲ)に規定する、先の出願に基づく優先権を主張する国際出願日における出願人の資格に関する申立ての文言は、以下に従うものとする。出願人の資格を説明するため、必要に応じて以下の(ⅰ)から(ⅷ)の項目に掲げられた事項の記載、省略、繰返し及び並べ替えにより文言を作成するものとする。
「出願人が優先権主張の基礎とされた先の出願の出願人と 同一でない場合、又は先の出願の出願日以後に出願人の氏名又は名称が変更された場合において、以下の先の出願に基づく優先権を主張する国際出願日における出願人の資格に関する申立て(規則4.17(ⅲ)及び51の2.1(a)(ⅲ))

〔本〕国際出願〔PCT/JP○○/○○○○○〕に関し、以下の事実により、 (氏名又は名称)は先の出願番号に基づく優先権を主張する資格を有している。

(ⅰ)

当該出願人は、先の出願により保護を求められている対象の発明者である。

(ⅱ)

(氏名又は名称)は、発明者たる(発明者の氏名)の雇用者としての資格を〔有している〕〔有していた〕。

(ⅲ)

(日.月.年)付で、(氏名又は名称)と(氏名又は名称)との間に締結された契約

(ⅳ)

(日.月.年)付で、(氏名又は名称)から(氏名又は名称)へなされた譲渡

(ⅴ)

(日.月.年)付で、(氏名又は名称)が(氏名又は名称)のために与えた同意

(ⅵ)

(日.月.年)付で、(裁判所名)が発した、(氏名又は名称)から(氏名又は名称)への移転を命じる裁判所命令

(ⅶ)

(日.月.年)付で、(具体的な移転の種類を記入)によってなされた(氏名又は名称)から(氏名又は名称)への資格の移転

(ⅷ)

(日.月.年)付で、出願人の氏名又は名称が(氏名又は名称)から(氏名又は名称)に変更されたこと。」

Any declaration as to the applicant’s entitlement, as at the international filing date, to claim priority of the earlier application, referred to in Rule 4.17(ⅲ), shall be worded as follows, with such inclusion, omission, repetition and re-ordering of the matters listed as items (ⅰ) to (ⅷ) as is necessary to explain the applicant’s entitlement:
“Declaration as to the applicant’s entitlement, as at the international filing date, to claim the priority of the earlier application specified below, where the applicant is not the applicant who filed the earlier application or where the applicant’s name has changed since the filing of the earlier application (Rules 4.17(ⅲ) and 51bis.1(a)(ⅲ)):
in relation to [this] international application [No. PCT/…],
… (name) is entitled to claim priority of earlier application No. … by virtue of the following:

(ⅰ)

the applicant is the inventor of the subject matter for which protection was sought by way of the earlier application

(ⅱ)

… (name) [is] [was] entitled as employer of the inventor, … (inventor’s name)

(ⅲ)

an agreement between … (name) and … (name), dated …

(ⅳ)

an assignment from … (name) to … (name), dated …

(ⅴ)

consent from … (name) in favor of … (name), dated …

(ⅵ)

a court order, issued by …. (name of court), effecting a transfer from … (name) to … (name), dated …

(ⅶ)

transfer of entitlement from … (name) to … (name) by way of … (specify kind of transfer), dated …

(ⅷ)

the applicant’s name changed from … (name) to … (name) on … (date) ”

 

 

PCT実施細則 第214号
発明者である旨の申立て

Section 214
Declaration of Inventorship

(a)規則4.17(ⅳ)に規定する発明者である旨の申立ては、米国を指定国とする際に提出されるもので、その文言は下記に従うものとする。
「発明者である旨の申立て(米国を指定国とする場合)(規則4.17(ⅳ)及び51の2.1(a)(ⅳ))

私は、自らが本出願の請求の範囲に記載されている発明の最初の発明者、あるいは最初の共同発明者であると信じていることを、ここに申し立てる。
本申立ては、本書がその一部をなす国際出願を対象としたものである(出願時に申立てを提出する場合)。
本申立ては、国際出願PCT/ を対象としたものである(規則26の3に従つて申立てを提出する場合)。
私は、上記国際出願を自ら行つた、又は行うことを許可したことを、ここに申し立てる。
私は、本申立てにおいて故意に虚偽の陳述などを行つた場合は、合衆国法典(United States Code (U.S.C.))第18編第1001条に基づき、罰金、5年以下の拘禁、又はその両方により処罰されることを、ここに承認する。

氏名:… 

 

住所:…

(都市名、米国の州名(該当する場合)又は国名)

郵便のあて名:…

 

発明者の署名:…

(署名は代理人ではなく、発明者のものでなければならない)

日付:…」  

(b)発明者が複数であり、かつすべての発明者が前項(a)に示した同一の申立てに署名しない場合、それぞれの申立てにすべての発明者の氏名を記載するものとする。
(c)規則26の3.1に基づく、(a)に示した申立ての補充又は追加は、同項に示された申立ての様式とし、発明者が署名するものとする。更に、前記の訂正文書には「発明者である旨の補足の申立て(規則4.17(ⅳ)及び51の2.1(a)(ⅳ))」という表題を付すものとする。

(a) A declaration of inventorship, referred to in Rule 4.17(ⅳ), that is made for the purposes of the designation of the United States of America shall be worded as follows:
“Declaration of inventorship (Rules 4.17(ⅳ) and 51bis.1(a)(ⅳ)) for the purposes of the designation of the United States of America:
I hereby declare that I believe I am the original inventor or an original joint inventor of a claimed invention in the application.
This declaration is directed to the international application of which it forms a part (if filing declaration with application).
This declaration is directed to international application No. PCT/… (if furnishing declaration pursuant to Rule 26ter).
I hereby declare that the above-identified international application was made or authorized to be made by me. I hereby acknowledge that any willful false statement made in this declaration is punishable under 18 U.S.C. 1001 by fine or imprisonment of not more than five (5) years, or both.

Name: …

 

Residence: …

(city and either US state, if applicable, or country)

Mailing Address: …

 

Inventor’s
Signature: …

(The signature must be that of the inventor, not that of the agent)

Date: …”

 

(b) Where there is more than one inventor and all inventors do not sign the same declaration referred to in paragraph (a), each declaration shall indicate the names of all the inventors.
(c) Any correction or addition under Rule 26ter.1 of a declaration referred to in paragraph (a) shall take the form of a declaration referred to in that paragraph and be signed by the inventor. In addition, any such correction should be entitled “Supplemental declaration of inventorship (Rules 4.17(ⅳ) and 51bis.1(a)(ⅳ))”.

PCT実施細則 第215号
不利にならない開示又は新規性喪失の例外に関する申立て

Section 215
Declaration as to Non-Prejudicial Disclosures or Exceptions to Lack of Novelty

不利にならない開示又は新規性喪失の例外に関する申立ての文言は以下に従うものとする。必要に応じて以下の(ⅰ)から(ⅳ)の項目に掲げられた事項の記載、省略、繰返し及び並べ替えにより文言を作成するものとする。
「不利にならない開示又は新規性喪失の例外に関する申立て(規則4.17(ⅴ)及び51の2.1(a)(ⅴ))
本国際出願〔PCT/JP○○/○○○○○〕に関し、
(氏名又は名称)は、本国際出願の請求項に記載された対象が以下のように開示されたことを申し立てる。

(ⅰ)

開示の種類(該当するものを記入)
(a) 国際見本市
(b) 刊行物
(c) 不当使用
(d) その他(具体的に記入)

(ⅱ)

開示の日付

(ⅲ)

開示の名称(適宜記入)

(ⅳ)

開示の場所(適宜記入)」

Any declaration as to non-prejudicial disclosures or exceptions to lack of novelty shall be worded as follows, with such inclusion, omission, repetition and re-ordering of the matters listed as items (ⅰ) to (ⅳ) as is necessary:
“Declaration as to non-prejudicial disclosures or exceptions to lack of novelty (Rules 4.17(ⅴ) and Declaration as to non-prejudicial disclosures or exceptions to lack of novelty (Rules 4.17(ⅴ) and 51bis.1(a)(ⅴ)):
in relation to [this] international application [No. PCT/…],
… (name) declares that the subject matter claimed in [the] [this] international application was disclosed as follows:

(ⅰ)

kind of disclosure (include as applicable):
(a) international exhibition
(b) publication
(c) abuse
(d) other: … (specify)

(ⅱ)

date of disclosure: …

(ⅲ)

title of disclosure (if applicable): …

(ⅳ)

place of disclosure (if applicable): …”

申立て記載要領

  1. PCT第4.17規則の全ての申立てにおいて、出願の言語が日本語の時は、「氏名又は名称」及び「あて名」は日本語及びローマ字の両方記載しなければなりません。
  2. 申立てがどの指定国に対して効果を及ぼすかについては、WIPOが発行する「PCT出願人の手引(PCT Applicant’s Guide)」を参照してください。
  3. 5種類の申立ては、その種類によって国際出願願書(PCT/RO/101)「申立て」欄(第8.欄)に設けられた各々のページを用いて記載してください。申立てが1ページを超える場合は、第8.欄の「続き」を用いて2ページ目以降を記載してください。なお、申立ての表題を含んだ願書第8.欄のページを用いる限り、申立ての表題そのものは標準文言から省略することができます。
  4. 申立ては、標準文言に適切に従って作成されなければならず、選択的な項目のうち該当しない標準文言がある場合にはそれを削除してください。
  5. ひとつの申立てに複数の「氏名又は名称」を記載することも、また複数の者が各人ごとに申立てを提出することもできます。
    ただし、「発明者である旨の申立て」に限っては、ひとつの申立てに当該出願のすべての発明者の氏名を記載しなければなりません。
  6. 「出願し及び特許を与えられる出願人の資格に関する申立て」及び「先の出願に基づく優先権を主張する出願人の資格に関する申立て」は、いずれも国際出願日よりも以前に発生した事実に対してのみ適用される申立てであり、出願日以後に発生した事実を申し立てることはできません。
  7. 「出願し及び特許を与えられる出願人の資格に関する申立て」の標準文言は、出願人の資格を説明する上で必要に応じて適宜に盛り込むことができます。(ⅶ)の権利移転の種類には、合併、買収、相続、贈与等が含まれます。発明者から連続的に権利移転があった場合には、それら権利移転が実際に行われた順序に従って記載してください。
  8. 「先の出願権に基づく優先権を主張する出願人の資格に関する申立て」は、出願人、又はその「氏名又は名称」が、優先権主張をしている先の出願のそれと異なる場合にのみ提出してください。この申立ての標準文言は、出願人の権利を説明する上で必要に応じて適宜に盛り込むことができます。(ⅶ)の権利移転の種類には、合併、買収、相続、贈与等が含まれます。先の出願に関して出願人から連続的に権利移転があった場合には、それら権利移転が実際に行われた順序に従って記載しなければなりません。
  9. 「発明者である旨の申立て」は、願書第8.欄(ⅳ)においてあらかじめ標準文言が印刷されています。
    発明者の氏名、住所、郵便のあて名は、発明者毎に記載しなければなりません。
    全ての発明者が署名し、日付を記入しなければなりませんが、全ての発明者が同一の用紙に署名する必要はありません(第214号(b))。
  10. 「不利にならない開示又は新規性喪失の例外に関する申立て」の標準文言において、(ⅰ)及び(ⅱ)の項目は必須ですが、(ⅲ)及び(ⅳ)は、申立ての状況から生じる必要に応じて記入してください。
  11. PCT第4.17規則の申立てにおいて、不備等がある場合、受理官庁ではなく、WIPOより直接、指令等がなされます。

[更新日 2013年11月13日]

お問い合わせ

審査業務部出願課国際出願室受理官庁

電話:03-3581-1101 内線2643

FAX:03-3501-0659

お問い合わせフォーム