• ホーム
  • お知らせ
  • 制度・手続
  • 施策・支援情報
  • 資料・統計
  • 特許庁について
  • お問い合わせ Q&A

ホーム > 制度・手続 > 特許 > 手続 > 出願に関する情報 > 優先権を伴う出願の手続きについて > 優先権書類の提出省略について(優先権書類データの特許庁間における電子的交換について)

マイページ

使い方

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

ここから本文です。

優先権書類の提出省略について(優先権書類データの特許庁間における電子的交換について)

日本国特許庁と一部の外国特許庁/機関との間では、優先権書類(注1)の電子的交換を実施しています。

出願人等が所定の手続を行うことで、パリ条約による優先権主張をした者が行う必要がある書面(紙)による優先権書類の提出を省略することが可能となります(注2)

  • (注1)優先権書類:最初に出願した国(第一国)への出願日がその後に出願した他の国での審査上の判断基準日となることを証明する書類。
  • (注2)関係法令:特許法第43条第5項、特許法施行規則第27条の3の3

電子的交換を利用した、優先権書類提出の省略は以下(1)と(2)の方法を通じて利用することができます。

(1)  世界知的所有権機関のデジタルアクセスサービスを利用した優先権書類の電子的交換の手続について

日本国特許庁と、以下の外国特許庁/機関との間で、世界知的所有権機関のデジタルアクセスサービス(以下、「DAS」という。)を利用した優先権書類の電子的交換が利用可能です。

DASに加盟する各国特許庁/機関に対して統一的な手続が可能であり、複数の国に出願する場合に便利です。

以下のリンクにて当該サービスを利用した優先権書類の電子的交換の手続について紹介しています。

jpo rogo DASを利用する際に日本国特許庁に行う手続について

日本国特許庁を第一庁、または第二庁(※)としてDASを利用するための手続についてご案内しています。

※日本国特許庁が他庁の第一国出願と同一の優先権書類を有している場合も含みます。

世界知的所有権機関のデジタルアクセスサービス(DAS)を利用した優先権書類の電子的交換について

DASの概要や、DASを利用した優先権書類の電子的交換の仕組みについてご案内しています。

wipo デジタルアクセスサービス[DAS]の参加庁/機関について

DASによる優先権書類の電子交換が利用可能な特許庁/機関についてご案内しています。

デジタルアクセスサービス[DAS]についてのQ&A集

DASの利用に関して、特許庁によく寄せられる質問と回答をまとめております。

デジタルアクセスサービス[DAS]を利用した優先権書類の電子的交換の交換状況等の確認については「DASウェブサイト(DAS Applicant Portal)について」をご覧下さい。

(2)  日本国特許庁と米国/欧州/韓国/台湾の各特許庁間での優先権書類の電子的交換の手続について

日本国特許庁と、米国/欧州/韓国/台湾の各特許庁との間では、優先権書類の電子的交換が利用可能です。

以下の各リンクでは、各特許庁との優先権書類の電子的交換の手続について紹介しています。

米国特許商標庁 米国特許商標庁との間での優先権書類の電子的交換の手続

欧州特許庁 欧州特許庁との間での優先権書類の電子的交換の手続

韓国特許庁 韓国特許庁との間での優先権書類の電子的交換の手続

台湾智慧財産局 台湾智慧財産局との間での優先権書類の電子的交換の手続

[更新日 2015年12月11日]

お問い合わせ

【各国間の優先権書類データの電子的交換に関すること】

特許庁総務部総務課 情報技術国際班

電話 :03-3581-1101 内線2505

お問い合わせフォーム

 

【方式審査に関すること】

特許庁審査業務部審査業務課 調整班

電話 :03-3581-1101 内線2618

お問い合わせフォーム