• ホーム
  • お知らせ
  • 制度・手続
  • 施策・支援情報
  • 資料・統計
  • 特許庁について
  • お問い合わせ Q&A

ホーム > 制度・手続 > 登録に関する手続について > 設定登録の手続(設定登録料の支払い)

マイページ

使い方

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

ここから本文です。

設定登録の手続(設定登録料の支払い)

はじめにお読みください

特許(登録)料とは?

特許庁から特許査定(または審決)が届いたら、出願人は特許(登録)料を支払うことで権利化をすることができます(いわゆる設定登録料)。また、権利を維持するためには、権利者は毎年、特許(登録)料を納付しなければなりません(いわゆる年金)。設定登録料が支払われない場合は出願却下、年金が支払われない場合は権利消滅となりますのでご注意ください。

特許(登録)料の納付をされる方は特に以下の点にご注意ください。

  • 特許庁からは年金の納付期限前に権利者へ事前連絡は行っておりません。したがって特許(登録)証に同封されている毎年の年金の納付期限の通知書を紛失しないようにご注意ください。
  • ✔ 納付期限を経過すると6ヶ月間(追納期間)は通常料金の二倍の額を納付していただきます。
  • ✔ 追納期間を経過すると権利は消滅してしまいます。
  • ✔ 料金は権利または納付年分によって変動しますので金額の誤りにご注意ください。
  • 特許(登録)料の納付を忘れないために便利なサービス

    包括納付(設定登録)
    自動納付(年金)

    [更新日 2017年3月21日]

    お問い合わせ

    特許庁審査業務部審査業務課登録室

    電話:03-3581-1101 FAX:03-3501-6064

    特許担当 内線2707
    実用新案担当 内線2709
    意匠担当 内線2710
    商標担当 内線2712~2713

    お問い合わせフォーム

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。