• ホーム
  • お知らせ
  • 制度・手続
  • 施策・支援情報
  • 資料・統計
  • 特許庁について
  • お問い合わせ Q&A

ホーム > 制度・手続 > 登録に関する手続について > その他 > 商標登録出願の区分を減ずる手続補正書について

マイページ

使い方

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

ここから本文です。

商標登録出願の区分を減ずる手続補正書について

1. 納付と同時に区分を減ずる手続補正書について

商標権の設定登録料の納付と同時に、商品及び役務の区分を減ずる手続補正書を提出し、削除後の状態で設定登録することができます。

2. 手続補正書

(ひな形については納付書・移転申請書等の様式をご覧ください。)

  • ① 【識別番号】は特許庁から通知済みの9桁の申請人識別番号を記載してください。
    【代表者】は法人の場合のみ記載してください。
    識別番号を記載した場合は、【住所又は居所】の欄は不要です。識別番号がわからない場合は、項目ごと削除し、【住所又は居所】欄を記載してください。
  • ② 【手続補正】の欄に、削除する商品及び役務の区分を記載してください。削除する区分が複数ある場合は【手続補正2】、【手続補正3】と繰り返してそれぞれの区分を記載してください。

(注)手続補正書を書面で手続する場合は、手数料の他に、書面を電子化するための費用がかかります。申請書を提出後、「工業所有権電子情報化センター」(電話:03-3237-6511)より専用の払込用紙が送付されます。電子化手数料については、書面で手続する場合の電子化手数料についてをご覧ください。

[更新日 2017年3月21日]

お問い合わせ

特許庁審査業務部審査業務課登録室

電話:03-3581-1101 FAX:03-3501-6064

商標担当 内線2712~2713

お問い合わせフォーム

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。