• ホーム
  • お知らせ
  • 制度・手続
  • 施策・支援情報
  • 資料・統計
  • 特許庁について
  • お問い合わせ Q&A

ホーム > お知らせ > 弁理士試験 > 弁理士試験に関して > 弁理士試験に関するお知らせ > 弁理士試験の短答式筆記試験一部科目免除について

マイページ

使い方

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

ここから本文です。

弁理士試験の短答式筆記試験一部科目免除について

平成19年に行われた弁理士法の一部改正において、平成20年1月以降に大学院の課程に進学した者で、当該大学院において弁理士法施行規則第5条で定める工業所有権に関する科目の単位を修得し、当該大学院の課程を修了した者については、弁理士試験短答式筆記試験の一部科目が免除されることとなりました。

当該免除の基準及び具体的な申請手続等は、次のとおり行います。

なお、免除資格認定申請書及び授業概要証明書等に記載された個人情報等については、弁理士試験短答式筆記試験一部科目免除の免除資格認定に当たっての審査及び事務以外に使用することはありません。

1-1. 免除の基準について(PDF:78KB)

1-2. 審査基準について(PDF:119KB)

2-1. 申請手続、申請書類等について

  • (1)免除の申請手続等について(PDF:476KB)
  • (2)申請方法
    郵送にて次の宛先まで送付してください。なお、封筒の表面に「免除資格認定申請書在中」と朱書きした上で、必ず書留又は簡易書留郵便により送付してください。
    宛先:
    〒100-8915 東京都千代田区霞が関三丁目4番3号
    特許庁内 工業所有権審議会会長 宛
  • (3)受付期間
    大学院を既に修了されている方:通年
    ただし、次年度の弁理士試験において免除を受けようとする方は、受験願書受付開始の1か月前までに申請してください。
     
    大学院在学中の方:
    第1回目の手続は、大学院を修了する年の2月1日から2月末日までに申請してください。
    第2回目の手続は、受験願書受付期間内に申請してください。
     
    第1回目の締切日及び第2回目の受験願書受付期間の詳細は、例年1月に行う弁理士試験公告で指定します。

申請書等のファイルがダウンロードできます。

2-2. 授業概要証明書に関する資料の事前提出について(PDF:128KB)

事前提出は、大学院からの申込みのみ受け付けます。個人からの申込みは受け付けておりませんのでご注意ください。

3. 大学院における開講科目の事前相談について

事前相談は、大学院からの申込みのみ受け付けます。個人からの申込みは受け付けておりませんのでご注意ください。

  • (1)事前相談について(PDF:172KB)
  • (2)相談方法等
    あらかじめ事前相談申込書及び授業計画を作成し、郵送にて次の宛先まで送付してください。なお、封筒の表面に「事前相談申込書在中」と朱書きした上で、書留又は簡易書留郵便により送付してください。
    宛先:
    〒100-8915 東京都千代田区霞が関三丁目4番3号
    特許庁総務部秘書課弁理士室試験第一班 宛

申込書等のファイルがダウンロードできます。

4. 短答式筆記試験一部科目免除に関するQ&A

[更新日 2016年1月22日]

お問い合わせ

総務部秘書課弁理士室試験第一班

電話:03-3581-1101 内線2020

FAX:03-3592-5222

お問い合わせフォーム

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。