• ホーム
  • お知らせ
  • 制度・手続
  • 施策・支援情報
  • 資料・統計
  • 特許庁について
  • お問い合わせ Q&A

マイページ

使い方

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

ここから本文です。

平成28年度から弁理士試験制度が変わります
~弁理士試験制度改正の御案内~

弁理士法施行規則の一部を改正する省令が平成26年12月26日に公布され、平成28年1月1日に施行されます。
この度の法改正により、平成28年度弁理士試験から短答式筆記試験への科目別合格基準の導入及び、論文式筆記試験(選択科目)における選択問題の集約が行われます。

試験制度改正の概要

1. 短答式筆記試験における改正点

  • これまでの工業所有権に関する法令の科目を、特許・実用新案に関する法令、意匠に関する法令及び商標に関する法令の3つに分けて実施します。
  • 現行では、総合点のみで合否の判定を行っていますが、試験科目別に合格基準(40%程度を想定)を導入します。

2. 論文式筆記試験(選択科目)における改正点

  • 論文式筆記試験(選択科目)の選択問題を各科目の基礎的な分野に集約します。

詳細は、以下のパンフレットを御参照ください。

[更新日 2015年2月6日]

お問い合わせ

総務部秘書課弁理士室試験第一班

電話:03-3581-1101 内線2020

FAX:03-3592-5222

お問い合わせフォーム

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。