• ホーム
  • お知らせ
  • 制度・手続
  • 施策・支援情報
  • 資料・統計
  • 特許庁について
  • お問い合わせ Q&A

マイページ

使い方

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

ここから本文です。

書誌・経過情報に関する新たなデータ提供 概要と導入スケジュール

平成30年4月27日
特許庁総務部総務課情報技術統括室

平成31年5月から、書誌・経過情報に関する新たなデータの提供を開始する予定です。整理標準化データからの主な変更点(データ形式、データ単位)は次のとおりです。

主な変更点
整理標準化データ 新たなデータ
データ形式 XML/SGML形式 TSV形式
データ単位 マスタ単位
(複数のテーブルを編纂したもの)
テーブル単位
(レコード情報等を格納したもの。例えば、整理標準化データにおいて登録マスタとして提供していた情報は、管理情報テーブル、移転受付情報テーブル等のテーブルに分けて提供されます。)

新たなデータ提供に向けたスケジュールは以下のとおりです。
なお、整理標準化データ作成事業は、新たなデータの提供開始後1か月で終了します(平成31年6月)。ただし、新たなデータへの移行の負担軽減措置として、現行の整理標準化データ形式に近いXML/SGML形式に変換したデータ(以下、「XML/SGML変換データ」という)は新たなデータの提供開始後1年間週次で提供する予定です。

今後のスケジュール

平成30年5月末

  • 新たなデータの仕様書(主要部分)を公表。
    原則、整理標準化データの仕様書の目次構成を踏襲する形で作成。具体的には、データ仕様(提供方法、ファイル形式など)、データ項目一覧(項目名、属性、桁数など)、整理標準化データと新データとの比較表を掲載。

平成30年7月末

  • 新たなデータの仕様書(完成版)を公表。
    上記仕様書(主要部分)に加え、コード表に関連する仕様を追記して公表。
  • XML/SGML変換データの仕様書を公表。

平成30年8月以降

  • 新たなデータのサンプルデータ、及び、XML/SGML変換データのサンプルデータを公表。

平成31年5月

  • 新たなデータの提供を開始。
  • XML/SGML変換データの提供を開始。

平成31年6月

  • 整理標準化データの提供を終了。

平成32年4月

  • XML/SGML変換データの提供を終了。

各種仕様書及びサンプルデータの公表は、特許庁ホームページにて行う予定です。
なお、システム開発の進捗状況により、当該スケジュールは変更されることがあります。

仕様書

サンプルデータ

  • ※ なお、当サンプルデータは実際のデータではなく、また、今後のシステム開発の進捗状況により、データの仕様は変更されることがあります。
  • ※ 提供されるサンプルデータには、値にスペースを含む箇所がありますが、今後のシステム開発の進捗状況により、当該スペースは削除される可能性がありますので、御留意ください。

[更新日 2018年11月9日]

お問い合わせ

総務課情報技術統括室特許情報企画調査班

TEL:03-3581-1101 内線2361

お問い合わせフォーム