• ホーム
  • お知らせ
  • 制度・手続
  • 施策・支援情報
  • 資料・統計
  • 特許庁について
  • お問い合わせ Q&A

マイページ

使い方

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

ここから本文です。

特許情報プラットフォームの開始について

 
平成27年3月23日より、新たな特許情報提供サービスである「特許情報プラットフォーム(J-PlatPat)」を開始します。

1. 背景

知的財産基本法にも掲げられているように、インターネットの利用を通じて特許情報をユーザーに迅速に提供すべく必要な施策を講じることは、重要な知的財産政策の一つです(知的財産基本法第20条)。
近年、我が国企業の研究開発投資の重点化や海外での円滑な事業活動を背景として、技術情報の集積である特許情報に対するユーザーニーズは、高度化、多様化しています。また、「知的財産推進計画2014」では「技術情報の集積である特許情報について、我が国企業の研究開発投資の重点化や海外での円滑な事業活動等、中小・ベンチャー企業等のユーザーに資するよう『特許電子図書館』を刷新し、新たな知的財産権情報提供サービスを構築する。」と決定されました。

2. 特許情報プラットフォーム

特許情報について、高度化、多様化するユーザーニーズに応えるべく、「特許電子図書館」を刷新し、新たな特許情報提供サービス「特許情報プラットフォーム(英語名:Japan Platform for Patent Information、略称:J-PlatPat)」を平成27年3月23日より提供することといたします。
特許情報プラットフォームは、その略称J-Plat(ぷらっと)Pat(ぱっと)にも現れているように、ユーザーの方が「ぷらっと」寄って、情報を「ぱっと」見つけられるユーザーフレンドリーなサービスを提供します。特許情報プラットフォームは、検索サービスの機能の充実化、ユーザーインターフェースの刷新、外部サービスとの連携、「色彩」や「音」等の新しいタイプの商標への対応、及び、特許公報等の情報の一括ダウンロードサービス(民間情報提供サービス事業者向け)の開始等を行うことにより、意匠及び商標を含む特許情報を提供する新たな情報基盤としての役割を担うものです。将来的には、より幅広く充実したサービスを提供すべく、情報提供の迅速化、パテントファミリー情報の参照、諸外国特許庁サービスとの連携等の可能性も視野に入れて、更なる検討を進めていきます。

特許情報プラットフォームの代表画面

特許情報プラットフォームが提供する主なサービス/機能は以下のとおりです。
※画面は開発中のものであり、今後修正が行われる可能性があります。

(1)日本語版サービス
A. トップページ

  • 四法簡易検索用入力ボックスの採用
    • 四法簡易検索用入力ボックス
    • ①小学生から年配の方まで、初心者の方もお試し感覚で利用可能な簡易検索用入力ボックス。特実/意匠/商標から検索対象の選択が可能
  • グローバルナビゲーション
    • グローバルナビゲーション
    • ①全ページに統一的に配置されたグローバルナビゲーションにより、他法域の検索サービスへも容易に画面遷移可能
    • ②中韓文献翻訳・検索システムによる、中国語文献及び韓国語文献の検索、照会も可能(機械翻訳文の全文テキスト検索及び文献番号索引照会)

B. (特実)公報テキスト検索画面

  • (特実)公報テキスト検索
  • ①ステップチャートにより、自分の作業段階が一目瞭然
  • ②J-GLOBALとの連携により、非特許文献も一括検索可能(一部の検索項目のみ)
  • ③テキスト検索項目として、「Fターム」を採用
  • ④容易に追加可能な入力ボックス。普段はたたみ込んでシンプルに
  • ⑤初心者に分かりやすい通常の入力ボックスに加え、中級者以上に便利な論理式検索機能もあり

C. (意匠)日本意匠分類・Dターム検索画面

  • (意匠)日本意匠分類・Dターム検索
  • ①利用頻度の低い項目は、開閉可能にすることでデフォルト表示画面をシンプルに
  • ②ヘルプを確認しなくても一目で分かる入力ボックスへの入力例の表示

D. (商標)商標出願・登録情報画面

  • (商標)商標出願・登録情報
  • ①誤操作を防ぎ直感的な操作を可能とする、分かりやすいボタン配置と色彩設計、簡潔な操作説明
  • ②立体商標や音商標などの商標からも検索可能となるよう、検索項目として商標のタイプを採用

(2)英語版サービス
A. トップページ

  • 英語版サービストップ画面
  • ①海外在住の日本人にも認識しやすいよう、日本語版サービスと共通化されたデザインを採用。各法域ごとに、番号検索、分類検索、テキスト検索、分類情報をマトリックス表示することで、利用したいサービスに容易にアクセス

B. Patent Map Guidance画面

  • Patent Map Guidance
  • ①キーワード検索によるFI/Fタームの検索機能を採用。英語のキーワードにより、調査したい分野の特許分類に容易にアクセス可能
  • ②検索項目をタブ化することで一覧性を向上

C. PAJテキスト検索画面

  • PAJテキスト検索
  • ①調査項目を「要約」、「発明の名称」、「出願人」の3つに分けることにより、調査対象を絞りこんだ検索が可能

特許情報プラットフォームの主な機能・画面等の詳細や、最新情報につきましては、以下の工業所有権情報・研修館のHPを御参照ください。
http://www.inpit.go.jp/info/j_platpat_info/index.html(外部サイトへリンク)
また、特許情報プラットフォームの詳細及び基本的な操作方法については、来年1月以降、全国の主要都市で説明会を行う予定です。

なお、平成27年3月20日をもって、現在の特許電子図書館(IPDL)は廃止となります。

[更新日 2014年9月1日]

お問い合わせ

総務課情報技術統括室特許情報企画調査班

TEL:03-3581-1101 内線2361

お問い合わせフォーム