• ホーム
  • お知らせ
  • 制度・手続
  • 施策・支援情報
  • 資料・統計
  • 特許庁について
  • お問い合わせ Q&A

ホーム > お知らせ > 広報のひろば > 広報からのお知らせ > 「第4回国際特許分類(IPC)ワークショップ」及び「国際特許分類(IPC)同盟第49回専門家委員会」に参加しました

マイページ

使い方

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

ここから本文です。

「第4回国際特許分類(IPC)ワークショップ」及び「国際特許分類(IPC)同盟第49回専門家委員会」に参加しました

2017年2月23日

2月21日、第4回国際特許分類(IPC)ワークショップが世界知的所有権機関(WIPO)本部で開催されました。

本ワークショップには、五大特許庁(日米欧中韓)をはじめ世界各国の特許庁や企業等の特許制度ユーザーが参加し、各国特許庁やユーザーから特許分類に関する最新の動向などが紹介されました。

日本特許庁からは、IoT(Internet of Things)関連技術についての日本独自の特許分類を世界に先駆けて新設したこと(※1)、及び当該特許分類の国際標準化(IPC化)を目指して日本主導で五大特許庁間での議論を開始したことを紹介するとともに、IoT関連技術の特許分類の国際標準化を早期に実現するために各国へ協力を呼びかけました。

続く2月22日と23日には、国際特許分類(IPC)同盟第49回専門家委員会がWIPO本部で開催されました。そして、この会合において、特許分類の国際標準化の基本方針を定めた「IPC改正ロードマップ」が改訂され、IoTなどの新興技術分野において早期に特許分類の国際標準化を図ることが必要であるなどの内容が追加されました。

これによって、今後IoTなどの新興技術分野において、特許分類の国際標準化に向けた動きが加速されることが期待されます。

※1 「IoT関連技術の特許分類を世界に先駆けて新設しました(外部サイトへリンク)」

第4回国際特許分類(IPC)ワークショップの様子
第4回国際特許分類(IPC)ワークショップの様子

[更新日 2017年2月24日]

お問い合わせ

特許庁審査第一部調整課特許分類企画班

電話:03-3581-1101 内線2463

お問い合わせフォーム