• ホーム
  • お知らせ
  • 制度・手続
  • 施策・支援情報
  • 資料・統計
  • 特許庁について
  • お問い合わせ Q&A

ホーム > お知らせ > 広報のひろば > 「子ども見学デー」について > 平成26年度「子ども見学デー」開催報告について

マイページ

使い方

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

ここから本文です。

平成26年度「子ども見学デー」開催しました

平成26年8月6日(水曜日)、7日(木曜日)に「子ども見学デー」を開催しました。本年度もたくさんの子ども達に御参加いただき、ありがとうございました。

開催概要を報告します。

1.開催の目的とテーマ

「子ども見学デー」は、親子のふれあいを深め、広く社会を知る機会とするために、文部科学省が中心となって始められた取組みです。今年度は24の府省庁が、それぞれの特色を生かしたプログラムを設け、小中学生を対象として実施しました。

特許庁では、『アイデアは日本の財産だ!身近な発明・デザイン・ブランドを知ろう!』をテーマとして実施しました。

2.参加者数

本年度は、二日間で計729名が特許庁を訪問。うち、子どもは430名(昨年は229名)が参加(それぞれ、前年度比85%、87%増)。各日ごとの参加者数は表1参照。

<表1>

 

子ども

引率者

合計

8月6日(水曜日) 229(103) 151(78) 380(181)
8月7日(木曜日) 201(126) 148(87) 349(213)
2日間合計 430(229) 299(165) 729(394)

※()は昨年の参加者数

3.特許庁プログラム概要

特許庁へようこそ!

  • (1)発明と科学を楽しむサイエンスショー
    日常生活の身近な道具を使って科学の不思議や謎を解明するサイエンスショー。
  • (2)発明・デザイン・ブランド クイズラリー
    5箇所に特許・意匠・商標に関するクイズを設置。
  • (3)やすかわくんのソフトクリーム屋さん
    クイズラリーで全問正解すると「やすかわくん」が作成するソフトクリームをプレゼント。
  • (4)ペットボトルを使った工作教室
    意匠登録されているペットボトル使用した工作体験。
  • (5)未来の科学の夢絵画展
    (公社)発明協会が実施する絵画展の受賞作品を展示。
  • (6)おもちゃとマークの関係を遊びながら学ぼう
    商標登録されている商品名やマークと玩具との関係を玩具に触れながら学ぶ。
  • (7)ホンモノはどっちだ!
    正規品と模倣品の玩具を展示し両者を比較。
  • (8)マンガ「HONMONO」をもらお!
    WIPOが2010年に開催した、模倣品対策漫画コンテストの優勝作品を配布。
  • (9)登録商標の調査体験
    IPDLを使った商標の検索体験。
  • (10)大審判廷の探検
    各日2回、希望者を16階審判廷へ御案内。
  • (11)マンガを読んで知的財産の歴史を学ぼう
    広報誌「とっきょ」で連載中のマンガ「知財の歴史」を紹介。併せて発明品も展示。
  • (12)アニメで楽しく学ぼう
    「アラレちゃん」「コボちゃん」「五つの煌めき」「鷹の爪団」の知財啓発ビデオを放映。
  • (13)地域団体商標を勉強したら子ども見学デーの特別メニューを食べよう!
    地域ブランドについての紹介パネルを展示。また地下1階の食堂で地域団体商標に登録された食材を使った子ども見学デーの特別メニューを提供。

4.会場の様子

サイエンスショー

サイエンスショー 1 サイエンスショー 2

クイズラリー

クイズラリー 1 クイズラリー 2

やすかわくんのソフトクリーム屋さん

やすかわくんのソフトクリーム屋さん 1 やすかわくんのソフトクリーム屋さん 2

工作教室

工作教室 1 工作教室 2

未来の科学の夢絵画展

未来の科学の夢絵画展

おもちゃとマークの関係を遊びながら学ぼう

おもちゃとマークの関係を遊びながら学ぼう 1 おもちゃとマークの関係を遊びながら学ぼう 2

マンガ「HONMONO」をもらお!

マンガ「HONMONO」をもらお! 1 マンガ「HONMONO」をもらお! 2

ホンモノはどっちだ!

ホンモノはどっちだ! 1 ホンモノはどっちだ! 2

登録商標の調査体験

登録商標の調査体験 1 登録商標の調査体験 2

大審判廷の探検

大審判廷の探検 1 大審判廷の探検 2

マンガを読んで知的財産の歴史を学ぼう

マンガを読んで知的財産の歴史を学ぼう

ビデオ上映

ビデオ上映

子ども見学デー特別ランチメニュー

子ども見学デー特別ランチメニュー

5.展示パネル

子ども見学デーで特許庁1階ロビーに展示したパネルを掲載しますので御参照ください。お子様の夏休みの自由研究にもぜひ御活用ください。

クイズラリー問題1 クイズラリー問題2 クイズラリー問題3

クイズラリー問題4 クイズラリー問題5 クイズ「ホンモノはどっち??」

ペットボトルのデザイン いろいろな形があるのを知っていましたか? ペットボトルでかんたん工作 アイデア・発明がまねされないために

特許行政のいまがわかる広報誌「とっきょ」 特許庁って、何をしているところ? おもちゃにかくされたヒミツ

クイズラリーゴール アイスクリームをもらっちゃおう! やすかわくんのヒミツ ここが特許だ! やすかわくんには産業用ロボット関連の高度な特許技術が応用されています

6.パンフレット

本年度の子ども見学デーで作成したパンフレットです。クイズラリーの解答も掲載しておりますので、上記のパネルとあわせて御覧ください。

パンフレット1

パンフレット2

クイズラリー解答

問題1  ③
インスタントラーメンの発明者は安藤百福さんという日清食品株式会社の創業者です。ポテトチップスと缶詰はそれぞれアメリカ、イギリスで発明されました。

問題2  ③

問題3  ②

問題4  ③

問題5  ①

7.アンケート結果

受付で皆さんに御記入いただいたアンケートの結果について、概要を紹介します。

  • (1)表2のとおり、特許庁のプログラムに初めて参加した方が77%いらっしゃいました。開催を知ったきっかけは特許庁ホームページが48%、文科省ホームページが30%、その他(知人に聞いた等)が22%でした。
  • (2)「アイデアのすごさにおどろきと感心だった。」「日本のロボット技術のすごさが分かった。」「普段見られない特許庁の中を見ることが出来て良かった。」「未就学児にも参加できるプログラムがあって楽しめた。」「親子で勉強になった。」「例年より子どもの視点に立ったプログラムが多く良かった。」などの感想をいただきました。各プログラム別のアンケート結果を表3にまとめました。
  • (3)回答者全員から「来年もイベントを続けてほしい」との回答をいただきました。
<表2>
過去の参加 きっかけ
特許庁HP 文科省HP その他
23% 77% 48% 30% 22%
<表3>
プログラム とても良い 良い おもしろくない
(1)発明と科学を楽しむサイエンスショー 80% 20% 0%
(2)クイズラリー 76% 24% 0%
(3)やすかわくんのソフトクリーム屋さん 92% 7% 1%
(4)ペットボトルを使った工作教室 81% 18% 1%
(5)未来の科学の夢絵画展 31% 66% 3%
(6)おもちゃとマークの関係を遊びながら学ぼう 73% 27% 0%
(7)ホンモノはどっちだ! 70% 29% 1%
(8)マンガ「HONMONO」をもらお! 58% 41% 1%
(9)登録商標の調査体験 65% 35% 0%
(10)大審判廷の探検 56% 42% 2%
(11)マンガを読んで知的財産の歴史を学ぼう 43% 57% 0%
(12)ビデオ上映 53% 45% 2%
(13)子ども見学デーの特別ランチメニュー 48% 48% 4%

[更新日 2014年8月21日]

お問い合わせ

特許庁総務部総務課広報室

電話:03-3581-1101 内線2108

お問い合わせフォーム