top

english

知的財産統計会合は終了しました

はじめに

 「知的財産統計会合」はOECD協力のもと、政府関係者、学識経験者等を中心に知的財産と経済・統計に関する情報交換や議論を行う場として2003年から毎年各国で開催されており、今回12回目を迎えます。
 本年は我が国のOECD加盟50周年記念の一環として、日本において初めて開催し、知的財産が経済発展に果たす役割やその根拠となる統計情報等に焦点をあてた基調講演、パネルディスカッション、各国の専門家等による知的財産と経済に関する論文発表等を行いました。
 また、同時に開催した「PATSTATワークショップ」では、欧州特許庁(EPO)が窓口となって提供している特許統計用のデータベース「PATSTAT」(100以上の国から集められた6000万件以上の出願情報)の活用方法等を紹介いたしました。

知的財産統計会合

開催日時 2014年11月17日(月曜日) 10時00分から20時00分
2014年11月18日(火曜日) 9時00分から17時10分
会場 ホテルオークラ東京(外部サイトへリンク) 別館地下2階 アスコットホール
使用言語 日本語、英語(同時通訳有り)
主催 日本国特許庁(JPO)、経済協力開発機構(OECD)
協力 欧州特許庁(EPO)、欧州連合統計局(EUROSTAT)、韓国特許庁(KIPO)
米国国立科学財団(NSF)、米国特許商標庁(USPTO)、世界知的所有権機関(WIPO)

PATSTATワークショップ

開催日時 2014年11月19日(水曜日) 10時00分から17時00分
会場 特許庁 16階共用会議室
使用言語 日本語、英語(同時通訳有り)
主催 日本国特許庁(JPO)、欧州特許庁(EPO)