• ホーム
  • お知らせ
  • 制度・手続
  • 施策・支援情報
  • 資料・統計
  • 特許庁について
  • お問い合わせ Q&A

ホーム > お知らせ > イベント情報 > 特許庁主催説明会・シンポジウム > 「三極協力30周年記念シンポジウム」の開催について

マイページ

使い方

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

ここから本文です。

「三極協力30周年記念シンポジウム」の開催について

本シンポジウムには多数の方に御参加いただき、誠にありがとうございました。

下記に当日の講演資料を掲載しておりますので、御覧ください。

~日米欧の三ヶ国/地域の特許庁長官及びユーザー代表などを招き、三極協力30周年を記念するシンポジウムを開催いたします~

経済のグローバル化に伴い、特許の分野でもグローバル化してきております。また、昨年以降、世界各地において今後の特許制度に大きな変化をもたらす動きも出て来てきております。

特許庁では、日米欧の三極特許庁の協力が30周年という節目を迎える機会をとらえ、11月15日(木曜日)「三極協力30周年記念シンポジウム」を開催(於:京都)し、広く一般の方々に特許制度の重要性、日米欧における特許を巡る最新情勢について、理解を深めていただくとともに、今後のグローバルな特許制度のあり方とそれに向けた特許庁間の協力について一緒に考える機会を設けたく思います。

皆様の積極的な御参加をお待ちしています。奮って御参加ください。

経済のグローバル化にともない、世界各地で特許を取得する活動が盛んになり、全世界的の特許出願が増加し続ける中、日本国特許庁(JPO)、米国特許商標庁(USPTO)、欧州特許庁(EPO)の三極特許庁は、1983年以降、特許手続の電子化、特許庁間での特許審査協力や特許制度調和など、出願人が安定的な特許を円滑に取得できるよう、グローバルな特許制度の改善に向けた協力を進めてまいりました。

そして、その三極協力を円滑に進めるために、毎年、秋に、三極特許庁の長官が一同に会する長官会合を開催しております。また、近年では、特許制度のユーザーとの対話を重視し、この長官会合とあわせて、三か国/地域のユーザーとの会合も開催してきました。

この三極特許庁長官会合を始めとした一連の会合ですが、本年は、日本国特許庁長官の主催により11月に京都において開催いたします。また、本年は、三極特許庁長官会合が30回目という節目を迎えます。

そこでこの度、特許庁では、三極特許庁会合の開催の機会を捉え、三極協力の30周年を記念し、三極特許庁の長官/副長官及び各国/地域のユーザーを招き、「三極協力30周年記念シンポジウム」を下記のとおり開催致します。

シンポジウムにおいては、京都府 山田啓二 知事、株式会社堀場製作所 堀場雅夫 最高顧問にも挨拶、特別講演を頂きながら、各特許庁の長官/副長官から、昨年成立した米国発明法、欧州における単一特許制度の構築をはじめとした各国/地域の特許を巡る最近の情勢を紹介しつつ、これまでの30年におよぶ三極協力の歴史を振り返りながら、今後の三極協力のあり方について考えるパネルディスカッションを行うことを予定しています。

なお、当日会場にて、これまでの三極の取組を紹介した「三極特許庁協力30周年記念パンフレット」を御参加の皆様に配布いたします。

奮って御参加ください。

シンポジウム概要

【日時】

11月15日(木曜日) 9時30分から11時45分(8時30分受付開始)

【場所】

京都ホテルオークラ4階 暁雲の間

【主催】

日本国特許庁

【使用言語】

日本語、英語(日英同時通訳)

【定員】

300名程度 ※入場無料・事前申込制

【締切】

平成24年11月7日(水曜日) ※申込みを締切りました。

*このセミナーは、日本弁理士会の継続研修としての認定を受けています。

このセミナーを受講すると、1.5単位が認められる予定です。

なお、弁理士会の単位認定研修として受講の方は、15分以上の遅刻の場合、単位が認められませんので御注意ください。公共交通機関等、自己の行為に起因しない理由であっても、受講したものとは認められませんので、時間に余裕をもって会場にお越しください。また、中座、早退の場合については、時間にかかわらず、受講したものと認められません。

プログラム

※プログラムは、11月12日現在のものです。

プログラム

8時30分

受付開始

9時30分

開会

9時35分から9時40分

歓迎挨拶

京都府 山田啓二 知事

9時40分から9時55分

特別講演:人間の産物としての特許の功罪

(株)堀場製作所 堀場 雅夫 最高顧問

9時55分から10時25分

セッション1:日米欧における特許を巡る最近の情勢

10時25分から10時45分

休憩

10時45分から11時45分

セッション2:三極協力30周年を振り返って、そして今後

(モデレーター:日本国特許庁 櫻井 孝 技監

<当日講演資料 日本語(PDF:989KB)英語(PDF:880KB)>)

  • 欧州特許庁 ブノワ・バティスティリ 長官
  • 日本国特許庁深野 弘行 長官
  • 米国特許商標庁 テレサ・レア 副長官
  • ビジネスヨーロッパ トニー・ローリンズ 氏
    当日講演資料(PDF:59KB)
  • 日本知的財産協会(JIPA)奥村 洋一 理事長
    当日講演資料(PDF:357KB)
  • 米国知的財産法協会(AIPLA) トッド・ディッキンソン 氏
  • 米国知的財産権者協会(IPO) ローレンス・ウェルチ 氏
    当日講演資料(PDF:66KB)

[更新日 2012年11月30日]

お問い合わせ

特許庁国際課多国間政策班

電話:03-3581-1101 内線2568

FAX:03-3581-0762

お問い合わせフォーム

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。