• ホーム
  • お知らせ
  • 制度・手続
  • 施策・支援情報
  • 資料・統計
  • 特許庁について
  • お問い合わせ Q&A

ホーム > お知らせ > イベント情報 > 特許庁主催説明会・シンポジウム > 国際シンポジウム 知財司法の未来に向けて

マイページ

使い方

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

ここから本文です。

国際シンポジウム 知財司法の未来に向けて
~知的財産高等裁判所創設10周年記念~

今年4月に知的財産高等裁判所は創設10周年を迎えます。この10年で、知的財産を巡る環境は更なるボーダレス化が進み、国内のみならず各国の知財制度についての理解が、さまざまな場面で求められるようになっています。また、その紛争解決において、知財司法が果たす役割も益々注目されています。

そこで、知財高裁創設10周年を記念して、各国の知財司法を俯瞰しながら今後を展望する契機として、日・米・欧(英・仏・独)5カ国の知財裁判官・弁護士を招いてシンポジウムを開催いたします。同一の架空事件を題材とした各国の模擬裁判、各国の知財裁判官と弁護士が一同に会したパネルディスカッションなどを予定しております。

多くの皆様の御来場をお待ちしております。

日時

2015年4月20日(月曜日)10時00分から17時30分

場所

弁護士会館 2階講堂クレオ(会場アクセス(外部サイトへリンク)
(千代田区霞が関1-1-3 地下鉄丸ノ内線・日比谷線・千代田線「霞ヶ関駅」B1-b出口直結)

参加費

参加費無料

参加対象

どなたでも御参加いただけます。
※日-英同時通訳があります。

内容(予定)

10時00分から12時00分(登壇予定順)

  • 開会挨拶
    村越 進 日本弁護士連合会会長
  • 挨拶
    設樂 隆一 知的財産高等裁判所所長
    小松 陽一郎 弁護士知財ネット理事長
    伊藤 仁 特許庁長官
  • 各国裁判官・弁護士による模擬裁判<前半>
    • (1) アメリカの場合
    • (2) イギリスの場合

13時30分から17時30分(途中休憩あり)(登壇予定順)

  • 模擬裁判<後半>
    • (3) フランスの場合
    • (4) ドイツの場合
    • (5) 日本の場合
  • 各国裁判官・弁護士によるパネルディスカッション
  • コメンタリー
    飯村 敏明 弁護士・前知的財産高等裁判所所長

※登壇者等の詳細については以下のチラシを御参照下さい。
   チラシ (PDF:1.2MB)

申込方法

要事前申込(以下のWEB回答フォームからお申し込みください)
定員になり次第、申込を終了いたしますので御了承ください。
WEB申し込み(外部サイトへリンク)

主催

日本弁護士会連合会 特許庁 弁護士知財ネット

後援

法務省 農林水産省 文化庁 (社)日本知的財産協会

[更新日 2015年4月9日]

お問い合わせ

特許庁審判課

電話:03-3581-1101 内線3613

FAX:03-3584-1987

お問い合わせフォーム