• ホーム
  • お知らせ
  • 制度・手続
  • 施策・支援情報
  • 資料・統計
  • 特許庁について
  • お問い合わせ Q&A

ホーム > 制度・手続 > 審判 > 審判分野における国際交流 > 米国特許商標庁 特許審判部との意見交換を行いました

マイページ

使い方

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

ここから本文です。

米国特許商標庁 特許審判部との意見交換を行いました

2017年6月19日

6月13、14日に、特許庁は米国特許商標庁(USPTO)特許審判部(PTAB)と、ハイレベルでの審判実務に関する初の意見交換を行いました。特許庁からは審判部 守安部門長らが、PTABからはルシュケ(Dr. David Ruschke)首席審判長らが参加しました。

本会合では、今後の日米の審判分野における交流の進め方について協議するとともに、両庁の口頭審理や合議に係る実務等の情報を交換しました。
また、両庁は、今後も情報交換や相互理解を進展させ、審判分野における協力関係の構築を進めることの重要性を確認しました。

(写真)守安部門長とルシュケ首席審判長集合写真
守安部門長(左から3番目)とルシュケ首席審判長(左から4番目)

[更新日 2017年6月20日]

お問い合わせ

特許庁審判課企画班

電話 :03-3581-1101 内線3613

FAX :03-3584-1987

お問い合わせフォーム