• ホーム
  • お知らせ
  • 制度・手続
  • 施策・支援情報
  • 資料・統計
  • 特許庁について
  • お問い合わせ Q&A

ホーム > 施策・支援情報 > 国際的な取組 > WIPO > 2016年世界知的所有権機関(WIPO)加盟国総会の結果概要

マイページ

使い方

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

ここから本文です。

2016年世界知的所有権機関(WIPO)加盟国総会の結果概要

1.開催日程・場所

  • 平成28年10月3日(月曜日)から11日(火曜日)
  • スイス・ジュネーブ WIPO本部新会議場

2.参加国・機関

189の加盟国、その他多数の政府間機関(IGO)、非政府機関(NGO)が参加

3.結果概要

スイス・ジュネーブにおいて開催された第56回WIPO加盟国総会に、特許庁から小宮長官、小柳特許技監を始めとする代表団が出席しました。今次総会では、加盟各国及びオブザーバからの一般演説の後、WIPOの各委員会からの報告事項等の議題1について審議され、WIPO外部事務所新規開設、意匠法条約(DLT)に係る外交会議の開催など諸々の重要事項について活発な議論が行われました。主な議題の結果は以下のとおりです2

(1)一般演説

一般演説において、小宮長官から、グローバル化する経済と知的財産制度の調整を担う国際機関として重要な役割を担っているWIPOへの期待を表明するとともに、WIPOへの任意拠出金を活用した途上国協力、IoTやAIといった新技術を含む第四次産業革命に対応するための我が国の検討の開始について紹介しました3

WIPO加盟国総会で一般演説を行う小宮長官
WIPO加盟国総会で一般演説を行う小宮長官

(2)WIPO外部事務所の新規開設に関する議論

昨年の第55回加盟国総会において、外部事務所設置の基本原則、2016から2017年及び2018から2019年にそれぞれ最大3箇所ずつの外部事務所を新たに設けること、アフリカ地域を優先して設置することが決定され、引き続き議論をすることになっていた本アジェンダに関して、2016から2017年はアルジェリア、ナイジェリアに設置することが決定されました。

(3)意匠法条約(DLT)採択のための外交会議の開催に関する議論

意匠制度の手続要件の調和を目的とするDLTの採択のための外交会議の開催に関しては、来年の第57回加盟国総会で引き続き検討することになりました。

(4)トルコ特許庁の国際機関承認

トルコ特許庁が申請していた国際調査機関(ISA)・国際予備審査機関(IPEA)化に関しては、我が国を始め多数の先進国・途上国がこれを支持し、承認されました。

1第56回加盟国総会の議題及び作業文書は、http://www.wipo.int/meetings/en/details.jsp?meeting_id=39545から入手可能です。

2加盟国総会の様子は、http://www.wipo.int/webcasting/en/index.jspで閲覧可能です。

3小宮長官による一般演説の内容は、http://www.wipo.int/edocs/mdocs/govbody/en/a_56/a_56_j02.pdfから入手可能です。動画は http://www.wipo.int/webcasting/en/index.jspで閲覧可能です(10月3日の午前中のセッション)。

WIPO加盟国総会の様子
WIPO加盟国総会の様子

[更新日 2016年10月13日]

お問い合わせ

特許庁総務部国際政策課国際機構班

電話:03-3580-9827 内線2567

FAX:03-3581-0762

お問い合わせフォーム