• ホーム
  • お知らせ
  • 制度・手続
  • 施策・支援情報
  • 資料・統計
  • 特許庁について
  • お問い合わせ Q&A

ホーム > 施策・支援情報 > 国際的な取組 > 三極(日米欧) > 第8回商標三極会合について

マイページ

使い方

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

ここから本文です。

第8回商標三極会合について

2009年12月9日から11日、日本国特許庁(JPO)、欧州共同体商標意匠庁(OHIM)及び米国特許商標庁(USPTO)(以下、「三極」という。)による第8回商標三極会合がスペイン、アリカンテに所在するOHIMで開催されました。

商標三極会合は、率直な意見交換や情報交換を行い、商標の制度や運用の改善につなげることを目的として、2001年5月から、ほぼ毎年1回開催されています。

今回の会合では、デ・ボアOHIM長官が議長を務め、JPOからは橋本審査業務部長他6名が、USPTOからはベレスフォード商標担当局長他5名が出席し、多岐にわたる議題について議論が行われました。次回会合への韓国特許庁(KIPO)のオブザーバー参加や、三極とユーザーとの会合の開催等の事項に合意する等、さらなる三極間の協力関係のみならず、「三極と他の知財庁」や「三極とユーザー」の関係について大きな進展を得ることができました。

また、前回会合の合意に基づき、世界知的所有権機関(WIPO)(ルビオ特別顧問他が出席)及び中国商標局(CTMO)(李中国商標局長他が出席)もオブザーバーとして一部のセッションに参加し、三極と意見交換を行いました。

主な議論の内容及び最終的に三極間で採択された共同声明及び意匠に関する特別声明の概要は、以下のとおりです。

(1)三極の進捗についてレビュー

USPTOからの提案により、三極としてのミッションステートメントを作成することが合意され、共同声明に盛り込まれました。

(2)他の知財庁及びユーザーとの関係

今会合に引き続き、次回会合へのCTMO及びWIPOのオブザーバー参加について合意されました。また、KIPOの次回会合へのオブサーバー参加について承認されました。

さらに、オブザーバーの条件やオブザーバーとメンバーの差異等、三極会合の将来の構想について検討していくことが合意されました。

次回会合より、ホスト国の主催でユーザー会合を開催することについて合意されました。

(3)三極間で協力可能なプロジェクト

OHIM提案のプロジェクトなどについてさらに検討を進めることが合意されました。また、USPTOより三極で共通した「ステータスに関する共通用語」の導入の提案がありました。USPTOからの提案については、今後検討していくこと、及び、USPTOが詳細な提案を用意することが合意されました。

(4)共通統計指標

これまで、三極で共通した統計の作成を検討してきましたが、この有用性について確認し、今後も統計の情報共有を継続していくことで合意されました。

(5)優先権書類の電子的交換

優先権書類の電子的交換に係る三極間の比較調査及び検討に関するJPOからの報告に対し、USPTO、OHIMが、来年3月末までに優先権情報の三極間での電子的交換に関する意見をJPOに報告することで合意されました。

(6)三極における普及啓発

JPOから、日中の協力に関する覚書にしたがって中国青島で開催された、三極が参加したシンポジウム等について報告しました。2010年も、中国において引き続き三極のシンポジウムを開催していくことで合意されました。

(7)商標分類

三極が相互に受け入れられる商品・役務表示をリスト化した「商品役務表示の三庁リスト」について、第三国の参加を含め、どのくらいの規模にするのか等、将来の方向性について引き続き検討していくことで合意されました。また、WIPOがオブザーバーとして参加し、三極と意見交換を行いました。

(8)意匠会合

前回に引き続き、商標に関するセッションと並行して、意匠会合が開催されました。各庁より、意匠制度の近況について統計を中心とした報告が行われました。三極は、今後も意匠制度について議論していくことは有用であるとの認識のもと、今回と同じ枠組みで引き続き意匠に関する会合を行っていくことで合意されました。また、意匠に関する特別声明も採択されました。

(9)各庁の進展

CTMOがオブザーバーとして参加し、各庁より、(i)過去1年間の進展、(ii)審査処理と生産性、(iii)審査の質の管理、(iv)IT施策等に関する報告と意見交換が行われました。

(10)中国との協力

三極より、CTMOが商標三極会合での常任オブザーザーとして認められたことを報告しました。CTMOよりは、三極が中国を重視しているあらわれとして歓迎の意が表明されました。

(11)次回会合

次回会合は、JPOが主催し、東京で開催することで合意されました。

【共同声明】(ポイントのみ)

商標

  • パートナーは、以下のミッションステートメントを採択することについて合意する。
  • 商標手続きの実務、プログラム、調和を目的とするプロジェクト及び改善に関する情報交換を通して、三極はメンバー間の協力と協調の促進、及びさらなるユーザーフレンドリーへの貢献の促進、そして、可能であれば、商標制度の相互運用の促進について努力する。
  • MOC(三庁リスト)の第三国への拡大をパートナーは支持する。しかし、キャパシティ及び作業量についてどのように対処するかという観点から、さらなる議論の必要性について合意する。
  • パートナーは、主要プロジェクトの情報共有の有用性について合意する。
  • パートナーは、JPOの分析結果により指摘されたような優先権書類の発行の必要性、不要性に関して、ユーザーニーズを反映させることに合意する。2010年3月末までに、OHIM及びUSPTOは意見をJPOに提出する。
  • パートナーは、共通統計指標の有用性について合意し、共通統計指標の情報共有を継続する決定に合意する。
  • パートナーは、三極の条件付きでの拡大を検討することに合意する。三極は、次回の三極会合において一またはいくつかのセッションについては、オブザーバーを参加させずに開催することに合意する。
  • パートナーは、議長は1年交代、代表団はそれぞれの費用を負担すること、及び、言語の数はメンバーもしくはオブザーバーが承認される前に制定することに合意する。
  • パートナーは、次回会合での常任オブザーバーとしてCTMOを招待することに合意する。
  • パートナーは、共通事項の意見交換のため、特に商標分類に関して、WIPOへ継続的に招待状を送付することについて合意する。
  • 商標三極におけるKIPOの参加要請に関しては、パートナーはオブザーバーとしてKIPOへ招待状を送付することに合意する。この合意にしたがって、JPOがKIPOに連絡する。
  • パートナーは、次回会合から、新規にユーザーとの会合を別会合として試行することについて合意する。
  • パートナーは、SAIC(国家工商行政管理総局)と協力し、2010年に中国でセミナーを開催することに合意する。

意匠

パートナーは、三極の枠組み内における意匠セッションの有用性を表明し、会合の継続を希望することを表明する。

共同声明の原文はこちら。(PDF:62KB)

【意匠に関する特別声明】(ポイントのみ)

  • パートナーは、2010年3月までに、次回会合で提案される追加の統計項目と情報を確認する。
  • パートナーは、電子出願の要件に関する比較表を作成することで合意した。
  • パートナーは、優先権書類の交換についてWIPO、SCTでの作業に関心を示した。
  • パートナーは、優先権書類の審査については、問題意識の向上、三極間での優先権書類の解釈の研究及び出願人用のガイドラインの作成の観点から追求する課題であると合意する。
  • パートナーは、三極の枠組み内における意匠セッションの有用性を表明し、会合の継続を希望することを表明する。

意匠に関する特別声明の原文はこちら。(PDF:263KB)

[更新日 2010年1月12日]

お問い合わせ

特許庁国際課商標政策班

TEL:03-3581-1101内線2566

FAX:03-3581-0762

お問い合わせフォーム

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。