• ホーム
  • お知らせ
  • 制度・手続
  • 施策・支援情報
  • 資料・統計
  • 特許庁について
  • お問い合わせ Q&A

ホーム > 施策・支援情報 > 国際的な取組 > 三極(日米欧) > 第29回日米欧三極特許庁長官会合の結果について

マイページ

使い方

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

ここから本文です。

第29回日米欧三極特許庁長官会合の結果について

11月10日(木曜日)、パリにて日米欧の三極特許庁長官会合を開催しました。1983年から毎年開催し、本年は第29回目となります。

本年の会合では、共通引用文献(Common Citation Document: CCD)ウェブサイトのリリース、三極間のPPHの試行延長、共通ハイブリット分類(CHC)への取組等について精力的に議論し、特に、三極特許庁間の審査のワークシェアリングの取組を強化していくこととなりました。

※CCDウェブサイト:パテントファミリ情報とその中の各特許出願に対して各庁が審査段階等で引用した引用文献の情報とを一括して提供するもの。

http://ccd.trilateral.net/20111110/(外部サイトへリンク)

(お使いのブラウザによっては、正しく表示されない場合がございます。Internet Explorer 9.0以上、Firefox 3.6以上、Opera 9.5以上等のブラウザが奨励されます。)

詳細についてはこちら(第29回三極特許庁長官会合結果概要)を御覧下さい。

[更新日 2011年12月7日]

お問い合わせ

特許庁総務部国際課多国間政策班

電話:03-3581-1101 内線2568

FAX:03-3581-0762

お問い合わせフォーム