• ホーム
  • お知らせ
  • 制度・手続
  • 施策・支援情報
  • 資料・統計
  • 特許庁について
  • お問い合わせ Q&A

ホーム > 制度・手続 > 公報関係 > お知らせ > インターネット公報における最大格納容量の増加について

マイページ

使い方

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

ここから本文です。

インターネット公報における最大格納容量の増加について

平成28年9月16日
特許庁総務部普及支援課

平素より、特許情報の活用に御理解と御協力をいただき御礼申し上げます。

現在特許庁でインターネットを利用して発行している公報について、以下の運用となりますのでお知らせいたします。

1. 1発行当たりの最大格納容量の増加について

「公報仕様 特許・実用新案第4.3版」を適用して発行している公報について、現在1発行当たりの最大格納容量の4.3GBを7.5GBまで増加することにいたしました。

これにより一発行当たりの収納件数の増加が可能となることから、従来行っていた公報の追加発行を極力抑えることで、ご利用者の皆様へのご負担も軽減することができると期待しております。

また、最大格納容量の変更実施時期につきましては、平成28年11月以降から発行される公報から適用される予定です。

なお、これまでの最大格納容量(4.3GB)を超える公報につきましては、その情報を公報発行予定表に順次掲載してまいります。

[更新日 2016年9月16日]

この記事に関する問い合わせ先

特許庁総務部普及支援課公報企画班

電話:03-3581-1101 内線2305

お問い合わせフォーム