• ホーム
  • お知らせ
  • 制度・手続
  • 施策・支援情報
  • 資料・統計
  • 特許庁について
  • お問い合わせ Q&A

ホーム > 施策・支援情報 > 産業財産権制度関連 > 業務・システム最適化計画 > 「特許庁業務・システム最適化計画」に係るシステム開発関連情報の公表

マイページ

使い方

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

ここから本文です。

「特許庁業務・システム最適化計画」に係るシステム開発関連情報の公表

1. はじめに

特許庁では、平成25年3月15日に「特許庁業務・システム最適化計画」(以下、「最適化計画」)を改定し、当該計画に基づいてシステム開発を進めているところです。

このシステム開発の透明性をより高めるとともに、開発内容の妥当性の維持・向上を図り、着実にシステム開発を進めるため、最適化計画に係るシステム開発の関連情報を公表いたします。

なお、掲載した情報は、現時点におけるものであり、今後内容が変更される可能性がある点、あらかじめ御了承ください。

2. 現在公表中の情報

 
案件名 公表日 概要
特許庁アーキテクチャ策定指針 平成26年4月1日 最適化計画におけるシステム刷新方針に従って特許庁システムを段階的に刷新する際に、具体的にどのようなアーキテクチャを採用すべきかについての指針を定めたもの。
特許庁アーキテクチャ標準仕様書(第1.0版) 平成27年8月14日 特許庁アーキテクチャ策定指針を基礎として、今後刷新される特許庁システムが準拠しなければならない構造を定義したもの。方式審査システム概念設計書及び特実審査周辺システム概念設計書の検討結果を反映している。なお、現段階では改定版である第1.3版が最新版である。
特許庁アーキテクチャ標準仕様書(第1.1版) 平成28年6月30日 特許庁アーキテクチャ標準仕様書(第1.0版)に、審判システム概念設計書及び公報(編纂)システム概念設計書の検討結果を反映し、第1.1版に改定したもの。なお、現段階では改定版である第1.3版が最新版である。
特許庁アーキテクチャ標準仕様書(第1.2版) 平成29年4月3日 特許庁アーキテクチャ標準仕様書(第1.1版)の仕様を見直すとともに、簡潔かつ明瞭な記載となるように改定したもの。記録ファイル管理システム概念設計書、意匠・商標審査周辺システム概念設計書及び登録システム概念設計書の検討結果を反映している。なお、現段階では改定版である第1.3版が最新版である。
特許庁アーキテクチャ標準仕様書(第1.2.1版) 平成29年8月1日 特許庁アーキテクチャ標準仕様書(第1.2版)の仕様の一部を詳細化し、第1.2.1版に改定したもの。なお、現段階では改定版である第1.3版が最新版である。
特許庁アーキテクチャ標準仕様書(第1.3版) 平成30年4月9日 特許庁アーキテクチャ標準仕様書(第1.2.1版)の仕様の見直し、追加を行い、第1.3版に改定したもの。現段階の最新版である。
特許庁システム移行方針書(第1.0版) 平成27年8月14日 特許庁システムの理想的な全体システム構成(ToBeモデル)に向け、特許庁システムの段階刷新をどのように進めていくか、その移行方針を定めたもの。方式審査システム概念設計書及び特実審査周辺システム概念設計書の検討結果を反映している。なお、現段階では改定版である第2.0版が最新版である。
特許庁システム移行方針書(第2.0版) 平成28年6月30日 特許庁システム移行方針書(第1.0版)に、審判システム概念設計書及び公報(編纂)システム概念設計書の検討結果を反映し、第2.0版に改定したもの。なお、現段階の最新版である。
方式審査システム概念設計書 平成27年8月14日 特許庁アーキテクチャ標準仕様書を踏まえ、業務特性や段階刷新を考慮した方式審査システムの次期モデルを定めたもの。
特実審査周辺システム概念設計書 平成27年8月14日 特許庁アーキテクチャ標準仕様書を踏まえ、業務特性や段階刷新を考慮した特実審査周辺システムの次期モデルを定めたもの。
審判システム概念設計書 平成28年6月30日 特許庁アーキテクチャ標準仕様書を踏まえ、業務特性や段階刷新を考慮した審判システムの次期モデルを定めたもの。
公報(編纂)システム概念設計書 平成28年6月30日 特許庁アーキテクチャ標準仕様書を踏まえ、業務特性や段階刷新を考慮した公報(編纂)システムの次期モデルを定めたもの。
意匠・商標審査周辺システム概念設計書 平成29年8月1日 特許庁アーキテクチャ標準仕様書を踏まえ、業務特性や段階刷新を考慮した意匠・商標審査周辺システムの次期モデルを定めたもの。
記録ファイル管理システム概念設計書 平成29年8月1日 特許庁アーキテクチャ標準仕様書を踏まえ、業務特性や段階刷新を考慮した記録ファイル管理システムの次期モデルを定めたもの。
特許庁システム設計・開発ガイドライン(システム刷新&新規システム構築編)(第1.1版) 平成29年1月13日 「システム刷新」または「新規システム構築」に該当する個別プロジェクトの、設計・開発の標準的な工程、標準的な工程を構成する複数のプロセス及びプロセスごとのタスクや入出力成果物等を定めたもの。なお、現段階では改定版である第1.3版が最新版である。
特許庁システム設計・開発ガイドライン(システム刷新&新規システム構築編)(第1.2版) 平成29年8月1日 特許庁アーキテクチャ標準仕様書(第1.2.1版)の改定に伴い、基本設計工程及び詳細設計工程における出力成果物を見直したもの。なお、現段階では改定版である第1.3版が最新版である。
特許庁システム設計・開発ガイドライン(システム刷新&新規システム構築編)(第1.3版) 平成30年4月9日 特許庁アーキテクチャ標準仕様書(第1.3版)の改定に伴い、基本設計工程及び詳細設計工程における出力成果物を見直したもの。現段階の最新版である。

[更新日 2018年4月9日]

お問い合わせ

特許庁総務部総務課情報技術統括室

電話:03-3581-1101 内線2556

お問い合わせフォーム

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。