• ホーム
  • お知らせ
  • 制度・手続
  • 施策・支援情報
  • 資料・統計
  • 特許庁について
  • お問い合わせ Q&A

ホーム > 制度・手続 > 特許 > 手続 > 審査に関する情報 > 早期審査について > 特許審査ハイウェイについて > 日台特許審査ハイウェイ試行プログラムについて

マイページ

使い方

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

ここから本文です。

日台特許審査ハイウェイ試行プログラムについて

特許庁調整課

交流協会と亜東関係協会との間で特許審査ハイウェイの導入について必要な関係当局の同意を得るために協力することが合意されました(交流協会Webサイトにリンクします)。日本国特許庁としては、交流協会に対して我が国国内法令の範囲内でできるかぎりの支持と協力を与えるとの立場から、日台特許審査ハイウェイ試行プログラムを平成24年5月より実施しています。今般、平成26年5月1日から、特許審査ハイウェイ(PPH)申請の要件を緩和し、対象案件を拡大した「PPH MOTTAINAI」試行プログラムを新たに開始するとともに、試行期間を更に3年間延長することに合意しました(交流協会Webサイトにリンクします)。なお、新しい試行期間は平成29年4月30日で終了予定となりますが、必要に応じて延長される予定です。

各庁における申出手続については、以下のページの資料を御参照下さい。

ガイドライン(要件と手続の詳細)・記入様式のページ

English Page

[更新日 2014年5月1日]

お問い合わせ

特許庁調整課審査業務管理班

TEL:03-3581-1101 内線3106

お問い合わせフォーム