• ホーム
  • お知らせ
  • 制度・手続
  • 施策・支援情報
  • 資料・統計
  • 特許庁について
  • お問い合わせ Q&A

ホーム > 制度・手続 > 特許 > 手続 > 審判に関する情報 > 無効審判について > 無効審判事件(特・実)における平均所要日数について

マイページ

使い方

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

ここから本文です。

無効審判事件(特・実)における平均所要日数について

特許無効審判(特許法第123条)、及び、実用新案登録無効審判(実用新案法第37条)を請求したのち、答弁指令、期日調整、口頭審理期日、審決等、審理の各段階に要する平均の所要日数を分析しました。

口頭審理期日や審決日、その他の手続がいつ頃になるのか、予測の参考にしてください。

無効審判事件(特・実)の平均所要日数

※数値は平成22年度に口頭審理を実施した事件の平均値に基づく目安の日数であり、事件により変動します。

無効審判事件(特・実)の平均所要日数 図

[更新日 2011年12月16日]

お問い合わせ

特許庁審判部審判課審判企画室

TEL:03-3581-1101 内線5852

お問い合わせフォーム