• ホーム
  • お知らせ
  • 制度・手続
  • 施策・支援情報
  • 資料・統計
  • 特許庁について
  • お問い合わせ Q&A

ホーム > 制度・手続 > 特許 > 手続 > 審査に関する情報 > 早期審査について > 特許出願の早期審査・早期審理について

マイページ

使い方

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

ここから本文です。

特許出願の早期審査・早期審理について

平成25年7月

調整課

審判課

早期審査・早期審理制度は、一定の要件の下、出願人からの申請を受けて審査・審理を通常に比べて早く行う制度です。

1.早期審査・早期審理を申請するメリット

通常の審査・審理に比べて、審査結果・審理結果を早く得ることができます。

早期審査を申請した出願の平均審査順番待ち期間は、早期審査の申請から平均約1.9か月となっており(2012年実績)、通常の出願と比べて大幅に短縮されています。

また、早期審理を申請した場合には、申請後、審理可能となってから平均3.3か月で審決を発送しています(2012年実績)。

2.早期審査の対象になる出願

3.早期審査・早期審理を申請できる者

早期審査については、出願人、または、その代理人

早期審理については、審判請求人、または、その代理人

4.早期審査・早期審理に必要な手続

  • (1) 早期審査の申請をするには、「早期審査に関する事情説明書」、早期審理には「早期審理に関する事情説明書」の提出が必要です。事情説明書には、書誌事項のほか、早期審査または早期審理を申請する事情、先行技術文献の開示及び対比説明などを記載する必要があります(一部、例外があります。詳細については、早期審査・早期審理ガイドラインを御覧ください。)。
  • (2) 特許庁に対する手続は無料です(通常の審査請求料等はかかります。)。

5.早期審査の利用実績

早期審査の申請件数の推移

6.他の施策の御案内

早期審査・早期審理の対象となる要件や、必要な手続など、詳細については、以下のガイドライン、Q&Aを御覧下さい。

[更新日 2013年7月10日]

お問い合わせ

<早期審査について>

特許庁審査第一部調整課 審査業務管理班

電話:03-3581-1101 内線3106

お問い合わせフォーム

 

<早期審理について>

特許庁審判部審判課 審判企画室

電話:03-3581-1101 内線5851

お問い合わせフォーム

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。