• 用語解説

ホーム> お知らせ> 調達・公募> 公募情報> 令和2年度公報審査資料の文献解析及びデータ作成(追加解析)事業の実施に係る公募(入札可能性調査)の結果について

ここから本文です。

令和2年度公報審査資料の文献解析及びデータ作成(追加解析)事業の実施に係る公募(入札可能性調査)の結果について

令和2年3月25日
特許庁審査第一部
調整課審査推進室

1. 概要

令和2年度公報審査資料の文献解析及びデータ作成(追加解析)事業の受託者選定に当たって、一般競争入札に付することの可能性について、公募(入札可能性調査)による調査を実施した。(調査期間:令和元年11月26日~令和元年12月11日)

上記の入札可能性調査の結果、実施可能事業者が1者しか存在しないことを確認した。

2. 本事業の契約について

入札可能性調査の結果、本事業の受託者選定に当たって競争の余地がないことが確認されたため、本事業の仕様を満たし、かつ、本事業に必要な特殊設備等(技術範囲ごとに区分された技術分野(テーマ)ごとに策定された検索キー(FI又はFターム)について、検索キーの体系及び各検索キーの意味する技術概念を把握した上で、文献に記載された技術内容を精読・調査して適切な検索キーを付与する体制、及び各文献の検索キーについて、特許審査に不可欠な検索機能を実現するための技術概念ごとの階層構造に則した特殊なデータ構造で電子データを作成・納入するための設備)を有する一般財団法人工業所有権協力センターとの随意契約により実施することとする。

[更新日 2020年3月25日]

お問い合わせ

特許庁審査第一部 調整課審査推進室

電子情報計画班 田中(寛)、田口

電話:03-3581-1101 内線2454

FAX:03-3585-2109