• 用語解説

ホーム> お知らせ> 調達・公募> 公募情報> 令和3年度弁理士試験に係る各種データ処理及び令和4年度弁理士試験に係るインターネット願書請求受付等業務一式に係る入札可能性調査について> 令和3年度弁理士試験に係る各種データ処理及び令和4年度弁理士試験に係るインターネット願書請求受付等業務一式に係る入札可能性調査実施要領

ここから本文です。

令和3年度弁理士試験に係る各種データ処理及び令和4年度弁理士試験に係るインターネット願書請求受付等業務一式に係る入札可能性調査実施要領

令和3年2月19日
特許庁 総務部 秘書課

特許庁では、令和3年度弁理士試験に係る各種データ処理及び令和4年度弁理士試験に係るインターネット願書請求受付等業務一式の受託者選定に当たって、一般競争入札に付することの可能性について、以下の通り調査いたします。

つきましては、下記1. 事業内容に記載する内容・条件において、的確な事業遂行が可能であり、かつ、当該事業の受託者を決定するに当たり一般競争入札を実施した場合、参加する意思を有する方は、別添登録様式(PDF:48KB)に記入の上、5. 提出先までご登録をお願いします。

1. 事業内容

(1)事業の具体的な内容

仕様書(PDF:1,569KB)参照

(2)事業実施条件

本事業は、弁理士試験志願者の氏名・住所・得点情報等の個人情報や、志願者の免除区分等弁理士試験特有の情報に関するデータ処理等を試験実施日程に則した厳密な事業実施スケジュールに基づき行うものであることから、事業者には以下に示す項目が求められます。

  • 特許庁が貸与するアプリケーション(詳細は仕様書参照)を解析し、データ処理等を適切に行うために必要な専門知識、大量の個人情報を扱うためのセキュリティを担保した本事業専用の各種サーバ及びネットワーク機器体制等を有すること。
  • 過去3年間の間に受験者2,000人程度の試験(資格試験、大学入試試験など)のデータ処理等業務に携わった者に従事させること。
  • 国内又は海外の認定機関により認定された審査登録機関によるISO27001又はこれに類する情報セキュリティ管理体系を確立していること。またISO27001適合性評価制度の認証を受けている若しくはISO27001に準拠している組織・部門が、その情報セキュリティ管理システムに基づき情報セキュリティ管理を実施すること。
  • 弁理士試験に関する受験指導並びに試験問題、受験者及び合格者等の調査・分析を行ったことがなく、かつ、現に行っていない者であること。また、これらの者と直接又は間接的な資本上、業務上その他密接な協力関係にない者であること。

2. 説明会の開催

説明会は実施しません。質問がある場合は、令和3年2月26日(金曜日)17時00分までにメールで行ってください。質問がない場合であっても寄せられた質問及び回答を共有するので、5. に連絡先(社名、担当者名、電話番号、メールアドレス)を令和3年2月26日(金曜日)17時00分までに登録してください。

3. 参加資格

  • 予算決算及び会計令(以下「予決令」という。)第70条及び第71条の規定に該当しない者であること。
    なお、未成年者、被保佐人又は被補助人であって、契約締結のために必要な同意を得ている者は、予決令第70条中、特別の理由がある場合に該当する。
  • 経済産業省からの補助金交付等停止措置又は指名停止措置が講じられている者ではないこと。
  • 過去3年以内に情報管理の不備を理由に経済産業省との契約を解除されている者ではないこと。

4. 留意事項

  • 登録後、必要に応じ事業実施計画等の概要を聴取する場合があります。
  • 本件への登録に当たっての費用は事業者負担になります。
  • 本調査の依頼は、入札等を実施する可能性を確認するための手段であり、契約に関する意図や意味を持つものではありません。
  • 提供された情報は庁内で閲覧しますが、事業者に断りなく庁外に配布することはありません。
  • 提供された情報、資料は返却いたしません。
  • 契約を行う場合、契約締結前までに(1)情報取扱者以外の者が情報に接したり、職務上提供を要求してはならない旨を定める社内規則、(2)情報漏えいが発生した際の処分に関する社内規則、(3)親会社等の契約先に対して指導・監督等を行う者の一覧と資本・契約関係図、(4)契約先と指導・監督等を行う者との関係を規定する契約等の書面すべての写し、(5)事業者のシステム上のアクセス制限等の説明資料、(6)業務従事者の氏名、所属、役職、学歴、職歴、業務経験、研修実績その他の経歴、専門的知識その他の知見、母語及び外国語能力、国籍、(7)情報取扱者名簿及び情報管理体制図(PDF:367KB)(別添2)の提出を求め、適切な情報管理体制が確保されているかを確認します。
  • 令和3年2月19日(金曜日)から3月5日(金曜日)の期間、特許庁が事業実施に当たり貸与するアプリケーション(弁理士試験事務処理システム、弁理士試験インターネット願書請求受付システム)、受験願書受付マニュアル及び仕様書別紙1「システム稼働実績等」が閲覧できます。
    なお、閲覧に当たっては、事前に弁理士室担当者に連絡を取り、日時等を調整するとともに、担当者が指示する場所にて関連資料を閲覧(貸与及び複写は不可)してください。
    その際、記名済みの機密保持誓約書(PDF:154KB)及び資格審査結果通知書(令和2・3・4年度全省庁統一資格の「役務提供等」において、「A」、「B」、「C」又は「D」等級に格付けされている者であること)を持参してください。

5. 提出先・問合せ先

〒100-8915 東京都千代田区霞が関3-4-3
特許庁 総務部秘書課弁理士室 試験第一班 宛
【TEL】03-3581-1101(内線2020)
【FAX】03-3592-5222
【E-mail】お問い合わせフォーム

※郵送または E-mail にてご提出願います。

6. 提出期限

令和3年3月5日(金曜日)17時

※複数者からの登録があった場合、その時点で入札可能性調査を終了し、一般競争入札を実施することがあります。

7. 配布資料

登録様式(PDF:48KB)

[更新日 2021年2月19日]

お問い合わせ

特許庁 総務部秘書課 弁理士室

試験第一班

電話:03-3581-1101 内線2020

FAX:03-3592-5222

お問い合わせフォーム