• 用語解説

ホーム> お知らせ> 採用情報> 非常勤職員> 調査員> 資料分類調査員(特許)募集について

ここから本文です。

資料分類調査員(特許)募集について

【注意】
この非常勤職員募集については、次年度予算が成立することを前提とした募集内容となっております。募集開始時点では次年度予算は成立しておりません。今後の状況により、今般の募集内容が変更となる可能性がありますことを御了承の上、御応募ください。

募集

資料分類調査員(特許)

採用予定課室

【調整課審査推進室】

審査推進室では、

  • 発明の審査における先行技術調査の外注関係業務
  • 調査用データベースの整備等に関する業務等
を行っています。

募集分野

①機械
②電気

業務内容

  • 特許及び実用新案の出願書類及び内外の図書や雑誌に記載された技術について技術的特徴の特定等を行う審査補助業務
  • 特許及び実用新案の出願書類に記載された内容が、所定の要件に適合しているかを確認し、必要に応じ修正等を行う審査補助業務

募集人数

若干名

勤務条件

※令和元年度実績。令和2年度については若干変更となる可能性があります。

勤務日等

週4日、1日7時間45分勤務(9時00分~17時45分)

休日

土曜日、日曜日、祝日法に基づく休日及び年末年始
※一定の条件を満たした場合、年次休暇等あり

日給

14,300円

勤務地

特許庁内(東京都千代田区霞が関三丁目4番3号)
※今後の庁舎改修の状況により、勤務地が変更となる可能性があります。

諸手当

交通費別途支給(支給要件有り)

賞与

年2回支給(6月/12月) ※ 一定の条件を満たした場合

社会保険

健康保険、厚生年金保険、雇用保険完備

任用予定期間

令和2年5月25日~令和3年3月31日
(翌年度以降採用を希望する場合は、改めて採用試験を受験する必要があります。)
※採用の日から起算して原則1か月間は条件付採用期間となります。

求める人材(応募資格)

  • 応募する分野の技術に関する専門知識を有し、日本語及び外国語(英語)で記載された技術文献(図書・雑誌等)を精読して、その技術内容を理解し得ること
  • 大学卒業程度の学歴を有すること

その他

弁理士業務及び弁理士事務所における補助業務並びに企業、団体等における産業財産権関連の業務(明細書案作成、相談等)に関する職を兼ねてはなりません。

応募方法

以下の書類を下記書類提出先まで御提出ください。

提出書類

(1)履歴書

履歴書様式を下記(Excel又はPDF)からダウンロードの上(A4サイズ)、記載例(Excel又はPDF)に従って記入し、下記提出先まで御郵送ください。なお、本履歴書様式での提出を必須とさせていただきます。

なお、「求める人材(応募資格)」については必ず記載してください。また、各分野におけるスキルや知識、経験について、職務経歴書(様式不問。別紙可。)に具体的に記載してください。

様式

書類作成上の注意

  • 書類は全てA4サイズ・片面印刷とし、ステープラー止めをしないでください。
  • 必ず写真を貼付してください。
  • 必ずパソコンのメールアドレスを記載してください。
  • 必ず、応募官職記入欄に、 「《特許》資料分類調査員 ○○分野希望」と記載してください。
    ※分野は、①機械、②電気から選択して記入

応募書類については、採用選考以外の目的に使用することはありません。

応募締切

令和2年4月15日(水曜日)(必着)(原則郵送。持参の場合は締切日12時までに下記連絡先まで持参)

選考方法

書類選考合格者のみ、こちらから御連絡いたします。 筆記試験までの期間が非常に短いため、ご連絡が直前となりますこと、ご了承ください。

御提出いただいた応募書類は返却いたしませんので、あらかじめ御了承下さい。責任を持って破棄させていただきます。

(1)一次試験(筆記試験)

試験内容

日本語及び英語で記載された技術文献について技術内容の概略を説明する抄録の作成並びに国際特許分類に関する知識を試す小問による筆記試験

実施日

令和2年4月24日(金曜日)

(2)二次試験(面接試験)(一次試験を合格された方を対象に実施)

試験内容

業務適性及び能力等について確認する面接試験

実施日

令和2年5月15日(金曜日)予定

連絡先

書類提出先・勤務条件についてのお問い合わせ先

〒100-8915
東京都千代田区霞が関3-4-3
特許庁総務部秘書課任用第二係
電話:03-3581-1101(内線2017)

応募資格・業務内容に関するお問い合わせ先

特許庁審査第一部調整課審査推進室調整班
電話:03-3581-1101(内線2452)

[更新日 2020年3月13日]

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。