• 用語解説

ホーム> お知らせ> 採用情報> その他> 非常勤職員> 臨時事務補助職員> 上級システムアドバイザー補助職員の募集について

ここから本文です。

上級システムアドバイザー補助職員の募集について

募集

上級システムアドバイザー補助職員

採用予定課室

総務課情報技術統括室

情報技術統括室では、産業財産権に関する情報システムの整備及び管理に関することを行っています。

担当業務の紹介

担当業務

配属部署により、以下の(1)、(2)又は(3)のいずれかを予定

  • (1)大規模システムのアプリケーション開発関連業務及びプロジェクト管理業務
  • (2)大規模システムのインフラ関連業務及びプロジェクト管理業務
  • (3)AWS (Amazon Web Services)システムの運用・保守業務

業務内容

配属部署により、以下の(1)、(2)又は(3)のいずれかを予定

(1)大規模システムのアプリケーション開発関連業務及びプロジェクト管理業務

  • アプリケーション設計開発業務の補助
  • アプリケーション運用保守工程における業者との調整業務の補助
  • プロジェクト管理、プログラム管理(進捗やリスクの分析を含む)の補助

(2)大規模システムのインフラ関連業務及びプロジェクト管理業務

  • ITインフラの要件定義検討業務の補助
  • ITインフラの構築、運用保守工程における業者との調整業務の補助
  • プロジェクト管理、プログラム管理(進捗やリスクの分析を含む)の補助

(3)AWS (Amazon Web Services)システムの運用・保守業務

  • AWSの運用及び保守業務(インスタンス管理、ユーザ管理、ログ監視など)の補助
  • プロジェクト管理、プログラム管理(進捗やリスクの分析を含む)の補助

募集人数

若干名

勤務条件

勤務日等

週5日、1日7時間45分勤務(9時30分~18時15分)
※業務の都合により、超過勤務が生じる場合あり。

休日

土曜日、日曜日、祝日法に基づく休日及び年末年始
※一定の条件を満たした場合、年次休暇等あり

日給

13,200円

諸手当

通勤手当(支給要件有り)、超過勤務手当

賞与

年2回支給(6月/12月)
※一定の条件を満たした場合

社会保険

健康保険、厚生年金保険、雇用保険完備

勤務地

特許庁本庁舎(東京都千代田区霞が関三丁目4番3号)
※今後の庁舎改修の状況により、勤務地が変更となる可能性があります。

任用予定期間

令和4年10月3日~令和5年3月31日

注意

翌年度以降採用を希望する場合は、改めて採用試験を受験する必要があります。
※採用の日から起算して原則1月間は条件付採用期間となります。

求める人材(応募資格)

(1)大規模システムのアプリケーション開発関連業務及びプロジェクト管理業務
(2)大規模システムのインフラ関連業務及びプロジェクト管理業務

上記(1)又は(2)の担当業務を希望する場合は、以下1. 及び2. の要件を満たすこと。

  1. 情報処理技術者試験の「応用情報技術者」合格レベル程度の能力を有すること(「応用情報 技術者試験」(旧第一種情報処理技術者試験を含む)合格者、又はさらに上位の資格試験合格者は、合格証書等を添付することにより、能力を有する者と認めます。)。
  2. 以下i)の経験を有することを条件とします。なお、ii) iii)については経験を有することが望ましい。
    • i) ハードウェア設計及びソフトウェア選定を含む大規模システム開発の経験
    • ii) 情報システムに関する見積もり作成または見積もり精査の経験
    • iii) 政府調達に携わった経験

(3)AWS(Amazon Web Services)システムの運用・保守業務

上記(3)の担当業務を希望する場合は、以下の要件を満たすこと。

AWS認定 アソシエイトレベル合格相当以上の能力を有すること(AWS認定 アソシエイトレベル ソリューションアーキテクト、SysOpsアドミニストレイター、デベロッパーの合格者、又はさらに上位のAWS認定 プロフェッショナルレベル合格者は、合格証書等を添付することにより、能力を有する者と認める。)、又は、AWS運用・保守の実務経験を1年以上有すること。

(1)~(3)のいずれとも、以下イ~二に該当する場合には採用できません。

  • イ 日本国籍を有しない者
  • ロ 国家公務員法第38条の規定により国家公務員になることができない者
  • ハ 応募を行おうとする者が所属している民間企業等において、応募を行う日前2年以内に企業又はその役員若しくは役員であった者が、当該民間企業等の刑事事件に関し起訴された場合、又は行政上の不利益処分(許認可等の取り消し、業務停止命令、役員の解任命令等)を受けた場合。
  • 二 応募を行おうとする者が、特許庁において、情報システム関係の契約(システム化計画の策定支援(システム導入計画に基づくシステム設計・開発に係る仕様書・提案依頼書の作成支援等を含む。)、システム化計画に基づくシステム設計・開発の工程管理支援及びシステム設計・開発、システム導入計画に基づくシステム運用、システム化対象業務・システムに係るシステム監査等、システム化に係る業務)を締結している事業者等、これらの契約の申込みをしている事業者等及びこれらの契約の申込みをしようとしていることが明らかである事業者等に所属する場合。

応募方法

以下の書類を下記書類提出先まで郵送又はE-mailにて御提出ください。

提出書類

(1)履歴書

  • 履歴書様式を以下(Excel又はPDF)よりダウンロードの上(A4サイズ)、記載例(Excel又はPDF)に従って記入してください。なお、本履歴書様式での提出を必須とさせていただきます。
  • 「求める人材(応募資格)」にスキルや知識の記載がある場合は、ご自身の状況についてなるべく多く記載してください。履歴書に書ききれない場合は、職務経歴書(様式不問。別紙可)等を記載していただいても構いません。
  • 経済産業省又は特許庁での職歴がある場合は必ず職歴欄に課室名、職種名まで記載してください。

(2)過去の業務経歴一覧

これまでの職歴を主な担当業務の内容とともに時系列で記入してください(様式不問)。

(3)「求める人材(応募資格)」に定める資格を証明する書類(合格証書等)の写し

履歴書様式と記載例

書類作成上の注意

  • 書類は全てA4サイズ・片面印刷とし、ステープラー止めをしないでください(郵送の場合)。
  • 必ず写真を貼付してください。
  • 必ずパソコンのメールアドレスを記載してください。
  • 履歴書左上に、「上級システムアドバイザー補助職員希望」と記載してください。

応募書類については、採用選考以外の目的に使用することはありません。

応募締切

令和4年8月3日(水曜日)(必着)
(郵送の場合は同日必着。E-mailの場合は同日15時まで。)

選考方法

  • 書類選考、筆記試験及び面接試験を行います。
    書類選考合格者にのみ、筆記試験の御案内を書面にて通知いたします。
  • 御提出いただいた応募書類は返却いたしませんので、あらかじめ御了承下さい。責任を持って破棄させていただきます。

一次試験(筆記試験)

  • 試験内容:論理的思考力を問う試験(小論文)
    ※論理的思考力は、特許庁が与える問題について論じていただきます。
  • 実施日:令和4年8月23日(火曜日) 予定

二次試験(面接試験)(一次試験を合格された方を対象に実施)

  • 試験内容:業務適性及び能力等について確認する面接試験
  • 実施日:令和4年9月5日(月曜日) 予定

連絡先

書類提出先・勤務条件に関するお問い合わせ先

〒100-8915
東京都千代田区霞が関3-4-3
特許庁総務部秘書課任用第二係
電話:03-3581-1101(内線2017)
E-mail:PA-hijokin-saiyo@jpo.go.jp

※申込み受付専用のアドレスになります。個別のご質問には回答できかねますのでその点御了承くださいますようお願いいたします。ご質問がある場合にはお電話でお問合せください。)

応募資格・業務内容に関するお問い合わせ先

特許庁総務部総務課情報技術統括室総括班
電話:03-3581-1101(内線2502)

[更新日 2022年6月15日]