• 用語解説

ホーム> お知らせ> 採用情報> 特許審査官> イベント情報> 【事前予約制】<オンライン型>特許庁サマープログラム(2Daysインターンシップ)

ここから本文です。

【事前予約制】<オンライン型>特許庁サマープログラム(2Daysインターンシップ)

特許審査官の業務の専門性の高さややりがい、知財制度の重要性、知財政策の企画・立案の現場などを知って頂くことを目的として、2日間のインターンシップ(職場体験プログラム)を行います。

就職活動を翌年、翌々年に控えた方はもちろんのこと、大学1、2年生や博士課程の学生の参加も大歓迎です。

※本プログラムは採用選考活動とは一切関係ありません。

1. 日時

以下の2日間で開催します(両日ともオンラインによる実施)。2日ともご参加ください。

  • 令和2年9月16日(水曜日) 9時30分~18時00分
  • 令和2年9月17日(木曜日) 9時30分~18時00分

2. 会場

オンライン形式で実施します。ご自宅等、インターネット環境の整った場所にてご参加いただきます。

3. 対象者

理系(理学部・工学部・農学部・薬学部等)の大学又は大学院の学生(既卒含む)

4. 内容

プログラムは、以下の内容を予定しております。

審査実務体験

審査手法等の説明の後、模擬案件の特許性について自分の考えをまとめてもらい、班別にディスカッションを行います。

若手職員との座談会

公務員試験や審査業務のやりがいなど、気になっていることを若手審査官と気軽に話せる座談会です。

知財行政業務紹介

特許審査官には、審査業務以外にも知財行政に関する様々な業務を経験する機会があります。様々な知財行政業務に携わった中堅審査官が自らの業務経験について紹介します。

知財政策討議

知財政策に関するいくつかのテーマについて、班別にディスカッションを行います。

※ 受講は先着順となります。募集人数(100名程度)を超える応募があった場合には、一部のプログラムしか受講できないことがあります。ご了承ください。

(令和元年度に開催されたサマープログラム、霞が関女子学生インターンシップ、ウインタープログラムと類似の内容を予定しています。)

5. ご準備いただくもの

  • カメラ内蔵PC(スマートフォン・タブレットでも可)
    ※ 当該PCで特許庁からのメールが受信可能なこと
  • ヘッドセット(あるいはマイクとスピーカー内蔵であれば可)
  • インターネット接続可能な環境(WEB会議システムを利用するための一定のOS・ブラウザー環境等)
    ※ インターネット環境やお使いのコンピュータの種類によっては、接続が上手くできないことがございます。すべての動作環境を保証することができないことを予めご了承ください。

6. 応募方法

オンライン型特許庁サマープログラム(職業体験会)は事前予約制です。以下の予約フォームから、必要事項を記入の上、お申し込みください。

大学(院)を介さずに、直接特許庁へお申し込みください。

(ボタン)予約

  • ※ 応募期間 9月11日(金曜日)まで
  • ※ 上記のとおり、受講は先着順となります。募集人数(100名程度)を超える応募があった場合には、一部のプログラムしか受講できないことがあります。ご了承ください。

7. 応募条件

  • 令和2年9月16日(水曜日)と9月17日(木曜日)の2日間とも参加できること

8. 注意事項

  • 本プログラムの必要経費(通信費等)については、原則として各自で負担することとなります。
  • 本プログラム中に知り得た情報については、担当職員の指示に従っていただきます。
  • 本プログラム中に、自己の不注意等の理由により病気になった場合や怪我した場合は自己責任とさせていただきますので、体調管理や事故等にご注意ください。
  • ご登録いただく個人情報は、今後の業務説明会等のご連絡に関して使用することがありますが、それ以外に使用することはありません。
  • 本プログラムは、採用選考とは一切関係がありません。

9. 問い合わせ先

[更新日 2020年9月3日]

お問い合わせ

特許庁 審査第一部 調整課

電話:03-3581-1101 内線3119

お問い合わせフォーム