• 用語解説

ホーム> お知らせ> 新着情報/イベント情報> イベント情報> 特許庁主催説明会・シンポジウム> アセアン特許庁シンポジウム2017開催-アセアンにおける知財ビジネス環境の現状と将来の発展-

ここから本文です。

アセアン特許庁シンポジウム2017開催
-アセアンにおける知財ビジネス環境の現状と将来の発展-

特許庁は、本年5月16日、石川県金沢市において、アセアン各国の知財庁長官等を招き、「アセアン知財ビジネス環境」をテーマとし「アセアン特許庁シンポジウム2017」を開催します。

今年創立50周年を迎えるアセアンは、2015年にアセアン経済共同体(AEC)を設立するとともに、経済発展と投資・貿易の促進のため、今後10年のロードマップである「アセアン知財アクションプラン2016-2025」の最終版を公表するなど、知財保護強化に取り組んでいます。

グローバル展開を拡大する我が国産業界からは、成長を続けるアセアン市場への投資拡大を見据えて、事業戦略上の重要な要因であるアセアンにおける「知財ビジネス環境」の発展を望む声が多く寄せられています。

そこで、今回、アセアン各国の知財庁長官等が一堂に会する機会を活かして、「アセアン知財ビジネス環境」をテーマとしたシンポジウムを開催します。

公式HPより参加募集(事前登録)を開始しましたので、奮ってご応募いただきますようお願い致します。

※本シンポジウムは、日本弁理士会の継続研修として認定されております。公式HPよりお申込みください。

アセアン特許庁シンポジウム2017のプログラム概要

基調講演

  • アセアンにおける知財ビジネス環境の発展に向けた特許庁の知財協力
  • アセアンの知財ビジネス環境への期待と要望

日本国特許庁、日本知的財産協会、澁谷工業株式会社、日本弁理士会

講演

  • 「新アセアン知財アクションプラン」に基づく取組
  • アセアン地域における最近の動向

アセアン事務局、ブルネイ、カンボジア、インドネシア、フィリピン、シンガポール、タイ

パネルディスカッション

  • 今後10年のアセアンが目指す知財システムの展望

日本国特許庁、日本知的財産協会、澁谷工業株式会社、日本弁理士会 アセアン事務局、ブルネイ、カンボジア、インドネシア、ラオス、マレーシア、ミャンマー、フィリピン、シンガポール、タイ、ベトナム

詳細プログラムは、公式HPで順次公開中

開催概要

 
日時 2017年5月16日(火曜日)13時30分から18時00分(13時00分受付開始)
会場 ANAクラウンプラザホテル金沢(鳳の間)
金沢駅より徒歩1分 (石川県金沢市昭和町16-3)
案内図(外部サイトへリンク)
参加料 無料
募集定員 200名 (定員になり次第、受付を終了させていただきます)
申込方法 公式HPより申込
主催 主催:特許庁 後援:石川県
その他 日英同時通訳

[更新日 2017年5月8日]

お問い合わせ

(本発表資料のお問い合わせ先)

特許庁総務部国際政策課多国間政策第三班

電話:03-3581-1101(内線 2571)

FAX:03-3581-0762