• 用語解説

ホーム> お知らせ> 最近の動き> 2019年6月> 五庁長官会合が開催されました

ここから本文です。

五庁長官会合が開催されました

2019年6月17日

6月13日に、韓国のインチョンにおいて、五庁長官会合が開催され、特許庁から宗像特許庁長官、嶋野特許技監が出席しました。
本会合では、AI関連発明の審査基準など、新技術が特許制度に与える影響やこれに対する対応について議論するタスクフォースの設立、5年間取り組んで一定の成果を上げた制度運用調和について新たなプロジェクトの立ち上げに向けた作業方針、PPHの効果に関する指標の定義、審査関連情報へのユーザーのアクセス向上を図るパイロットプログラムの実施に、それぞれ合意しました。

前日の6月12日には、五庁長官・ユーザー会合が開催され、AIを含む新技術に関連した五庁の協力や、五庁とユーザーとの連携の在り方について、ユーザーと具体的な課題について意見交換を行いました。

(写真)宗像長官(左から2番目)と各庁代表者
宗像長官(左から2番目)と各庁代表者

(写真)五庁長官会合
五庁長官会合

第12回日米欧中韓五庁長官会合が開催されました
~AI関連発明の審査基準などに関する新たな協力に合意しました~(経済産業省のページへ)

五庁(IP5)

[更新日 2019年6月17日]