• 用語解説

ホーム> お知らせ> 最近の動き> 2019年11月> 第3回日印知的財産評価会合を実施しました

ここから本文です。

第3回日印知的財産評価会合を実施しました

2019年11月22日

11月20日、松永長官はインド・デリーを訪れ、インド商工省産業国内取引振興局(DPIIT)のモハパトラ次官、インド特許意匠商標総局(CGPDTM)のグプタ長官と、第3回日印知的財産評価会合を実施しました。

会合では、「日印間の産業財産に関する協力覚書」に基づいて2017年に結んだアクションプランのレビューを行い、協力事項を拡充した新たなアクションプランへの署名を行いました。また、日印特許審査ハイウェイ(PPH)の試行に係る合意文書に署名し、12月上旬からPPHの申請受付を開始することに合意しました(※1)。また、今後の協力関係の継続及び強化に合意して共同声明を採択しました。

特許庁は、今後ともインドとの協力関係を進め、我が国企業の知的財産が迅速・円滑に確保され適切に保護される知財環境を整備してまいります。

 

プレスリリース:「第3回日印知的財産評価会合を実施しました」(経済産業省のページへ)

(※1)日インド特許審査ハイウェイ試行プログラムについて

 

(写真1)アクションプランへの署名の様子(松永長官とグプタ長官)
アクションプランへの署名の様子(松永長官とグプタ長官)

[更新日 2019年11月27日]