• 用語解説

ホーム> お知らせ> 最近の動き> 2019年11月> 新潟で「知財のミカタ ~巡回特許庁in新潟~」を開催しました!

ここから本文です。

新潟で「知財のミカタ ~巡回特許庁in新潟~」を開催しました!

2019年11月27日

特許庁並びに各経済産業局及び内閣府沖縄総合事務局は、知的財産(知財)をビジネスの味方にして上手く活用するきっかけを作っていただくことを目的に、全国各地で「知財のミカタ~巡回特許庁~」を開催しています。

11月11日(月曜日)に豊富な地域資源を持ち、巧みな技や優れたデザインを持った企業等が集積する新潟県で、知的財産の面から新潟の地域振興を後押しすることを目的にイベントを開催し、約180名の方にご参加いただきました。

メインセッションでは、「下町ロケットに学ぶ中小企業の新事業挑戦~新潟をもっと元気にするために、知財と農業ICTでできること~」と題し、スマート農業と呼ばれる新たな農業に取り組む企業2社と下町ロケットの神谷弁護士のモデルとなった鮫島弁護士をお迎えし、知財の重要性などについてパネルディスカッションを行いました。聴講者からは「身近なトピックで私事として感じることができた」「農業にモノづくりの技術を活かせる部分が多い点がわかり、参考になった」といった感想が寄せられました。

(写真)会場の様子

引き続き、令和元年12月13日(金曜日)まで、特許・意匠審査官が関東地域に訪問し面接を行う「出張面接」を集中的に実施しています。

今後は、以下の都市で開催を予定しています。みなさまのご参加をお待ちしています。

フォトギャラリー(新潟)

主催者挨拶

(写真)挨拶を行う角野関東経済産業局長
挨拶を行う角野関東経済産業局長

来賓挨拶

(写真)挨拶を行う鈴木燕市長
挨拶を行う鈴木燕市長

講演

(写真)講演を行う特許庁 西垣審査業務部長
講演を行う特許庁 西垣審査業務部長

メインセッション パネルディスカッション
下町ロケットに学ぶ中小企業の新事業挑戦

~新潟をもっと元気にするために、知財と農業ICTでできること~

モデレーター弁護士法人内田・鮫島法律事務所 代表パートナー弁護士・弁理士 鮫島 正洋 氏
パネリスト株式会社クボタ アグリソリューション推進部 技術顧問 渡辺 広治 氏
ウォーターセル株式会社 代表取締役 長井 啓友 氏

(写真)講演の様子
講演の様子

(写真)モデレーター:鮫島氏
モデレーター:鮫島氏
(写真)パネリスト:左から、渡辺氏、長井氏
パネリスト:左から、渡辺氏、長井氏
 

個別セッション

(1)企業価値を高めるデザイン戦略
~デザインを経営に活かす戦略とは~

モデレーター株式会社ロフトワーク 代表取締役 林 千晶 氏
パネリスト株式会社スノーピーク 代表取締役副社長・CDO 山井 梨沙 氏
藤次郎株式会社 代表取締役社長 藤田 進 氏

(写真)モデレーター:林氏
モデレーター:林氏

(写真)パネリスト:左から、山井氏、藤田氏
パネリスト:左から、山井氏、藤田氏

(2)地域ブランドの作り方

有限会社 永瀬事務所 『バイヤーズ・ガイド』編集発行人 永瀬 正彦 氏

(写真)講演を行う永瀬氏
講演を行う永瀬氏

(3)日本弁理士会 併催イベント:パネルディスカッション
中小企業による経営戦略に基づく知財活用
~弁理士とともに学ぶ知財活用の基礎知識~

モデレーター日本弁理士会 吉井国際特許事務所 所長・弁理士 吉井 剛 氏
パネリスト ウエタックス株式会社 専務取締役 植木 正春 氏
株式会社システムスクエア 代表取締役 山田 清貴 氏
特許業務法人 牛木国際特許事務所 弁理士 加藤 裕介 氏

(写真)モデレーター:吉井氏、パネリスト:加藤氏
モデレーター:吉井氏、パネリスト:加藤氏

(写真)パネリスト:左から、山田氏、植木氏
パネリスト:左から、山田氏、植木氏

ミニセッション

意匠法改正セミナー

特許庁審査第一部意匠課 企画調査班 係長 伊藤 翔子

(写真)講演の様子
講演の様子

展示コーナー

意匠制度・法改正・地域団体商標活用事例・公正取引委員会実態調査パネル展示

「これも意匠!?」と題し、意匠法で保護されている商品と意匠権の活用方法や改正意匠法による保護対象の拡大についてご紹介するパネル展示、地域ブランドをビジネスに活かすヒントがわかる事例や地域団体商標マークの活用事例をご紹介するパネル展示を行いました。

また、公正取引委員会が公表した「製造業者のノウハウ・知的財産権を対象とした優越的地位の濫用行為等に関する実態調査報告書」を基に、独占禁止法の優越的地位の濫用と疑われるような技術取引事例をご紹介する展示を行いました。

(写真)展示の様子
展示の様子

何でも相談コーナー

INPIT新潟県知財総合支援窓口や新潟県よろず支援拠点、特許庁の意匠審査官が、知的財産や経営に関する相談を受け付ける「何でも相談コーナー」を開設し、多くの来場者のみなさまにご活用いただきました。

[更新日 2019年11月27日]