• 用語解説

ホーム> お知らせ> 最近の動き> 2019年11月> ARIPO大臣評議会に参加しました

ここから本文です。

ARIPO大臣評議会に参加しました

2019年12月5日

11月21日から22日に、リベリアの首都モンロビアにて開催されたARIPO(*1)第17回大臣評議会に、JPOから嶋野特許技監が参加しました。二年に一度開催される大臣評議会は、ARIPOの最高意思決定機関です。

嶋野特許技監からは、冒頭挨拶にて、アフリカは21世紀最大のフロンティアであり、世界から多くの注目を集めていること、そして、JPOは、アフリカの自立的・持続的成長に必要な協力を継続することを言及しました。

また、大臣評議会参加の各国大臣、各知財庁長官やARIPO長官等と個別に会談を行い、JPOが知財分野の協力を進めていくことを確認しました。

JPOは、今後もアフリカ諸国の知財庁との協力を進めることで、我が国企業の知的財産がアフリカ地域において迅速・円滑に確保され適切に保護される環境整備を進めてまいります。

  • (*1)ARIPO(アフリカ広域知的財産機関):アフリカの主に英語圏19ヶ国が加盟する広域特許庁

(写真)関係者の集合写真
ARIPO大臣評議会
(着席前列、左から、ARIPO ドス・サントス長官、リベリア ターペ商工大臣、リベリア知財庁 クーパー長官、マラウイ ムサカ法務大臣、リベリア フィンドリー外務大臣、ガーナ アクッフォ法務大臣、ウガンダ オタフィレ法務大臣、シエラレオネ タラワリー事務総長、シンバブエ法務省 マビザ秘書官、嶋野特許技監)

(写真)嶋野特許技監、ドス・サントスARIPO長官
嶋野特許技監とドス・サントスARIPO長官

(写真)嶋野特許技監、ウガンダ オタフィレ法務大臣、トウェバゼ登録サービス局長
左から、嶋野特許技監、ウガンダ オタフィレ法務大臣、トウェバゼ登録サービス局長

(写真)マイクを手に挨拶するう嶋野特許技監
冒頭挨拶を行う嶋野特許技監

[更新日 2019年12月9日]