• 用語解説

ホーム> お知らせ> 最近の動き> 2020年9月> 2020年WIPO加盟国総会が開会しました

ここから本文です。

2020年WIPO加盟国総会が開会しました

2020年9月23日

9月21日から、世界知的所有権機関(WIPO)加盟国総会がスイスのジュネーブで開催されています。今次総会は、会議場での物理参加とオンラインプラットフォームやビデオ映像を通じたバーチャル参加の組み合わせによるハイブリッド形式で開催されており、日本代表団は物理とバーチャルの双方で参加しています。
総会の初日には、日本を代表して糟谷長官による一般演説のビデオ映像※1が放送されました。糟谷長官は、2020年9月末で退任予定のフランシス・ガリ事務局長のこれまでの貢献への感謝やガリ事務局長の後任であるダレン・タン次期事務局長が就任演説で述べた「グローバルIPエコシステム」の実現への期待を述べました。また、WIPOに対し、COVID-19への対応を含めたグローバル課題への貢献、新技術に対応した制度整備、ユーザーの利便性の更なる向上、人材育成やITシステムの整備を含む知財インフラの強化を強く期待する旨示しました。併せてこのようなWIPOへの期待を視野に入れつつ、日本は、30年以上拠出している任意拠出金を通じて、引き続きWIPOを支援していく旨表明しました。
今次総会は9月25日まで行われ、新型コロナ感染症への対応の他、予算、各委員会の活動などについて議論が行われます。

(写真)糟谷長官
糟谷長官による一般演説の様子

[更新日 2020年10月1日]