• 用語解説

ホーム> お知らせ> 最近の動き> 2020年11月> 竹本油脂株式会社と意見交換を行いました

ここから本文です。

竹本油脂株式会社と意見交換を行いました

2020年11月17日

11月5日、糟谷長官は、竹本油脂株式会社の竹本社長らと、知財戦略等について、意見交換を行いました。

発明を積極的な特許出願により保護するために知財部門と事業部との連携を図る「知財戦略部会」を設立し、事業部毎の研究成果を適切に保護することに加え、他社の技術動向・出願計画・知財教育等、事業部間で共通する知財の取組を推進されていることなど興味深くうかがいました。

また、若手社員に対して3ヶ月間の「知財社内研修」を実施し、早くから知財マインドを高める取組みは、大変示唆に富むものでした。

このような事業部門と知財部門の連携の成果として、コロナ禍においても研究開発成果を事業につなげ、前年を上回る出願をされていることを心強く感じます。

特許庁からは、審査の質の向上に取り組んでいることや、2011年の法改正で審決の予告制度が導入され、特許権者による訂正の機会が増え、特許の信頼性が高まってきたことを御説明しました。引き続き、審査の質を高め、権利の安定性向上に努めてまいります。

(写真)竹本油脂株式会社との意見交換 竹本社長と糟谷長官
竹本油脂株式会社との意見交換
竹本社長と糟谷長官

※新型コロナウイルス感染症対策を万全に講じた上で意見交換会を行いました。

[更新日 2020年11月17日]