• ホーム
  • お知らせ
  • 制度・手続
  • 施策・支援情報
  • 資料・統計
  • 特許庁について
  • お問い合わせ Q&A

ホーム > 施策・支援情報 > 企業向け情報 > スタートアップ向け情報

マイページ

使い方

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

ここから本文です。

スタートアップ向け情報

スタートアップが独創的な技術・アイディアをもとにビジネスを急成長させていくためには、戦略的な知的財産保護がカギになります。
特許庁では、知財の観点からスタートアップの成長をサポートしていくため、スタートアップ向けの各種施策をご用意しているほか、知財戦略事例集などの役立つコンテンツを提供しています。
ぜひ、ご活用ください。

目次

1. イベント情報

11月26日(月曜日)「「IPナレッジベース」コミュニティーイベントin東京」を開催します!new

スタートアップ企業と知財関係者を対象にしたマッチングイベント「「IPナレッジベース」コミュニティーイベント in 東京」を、Startup Hub Tokyoで開催します。

本イベントでは、スタートアップ企業と知財専門家によるパネルディスカッション等を行います。イベントの最後には、懇親会のお時間も用意しておりますので、スタートアップ企業と知財関係者との出会いの場としてぜひご活用ください。

「IPナレッジベース」コミュニティーイベントin東京

開催概要

概要
  • 日時:11月26日(月曜日)
  • プログラム:(予定)
    18時00分~19時00分 コミュニケーションタイム
    19時00分~19時40分 第一部 スタートアップ知財戦略をテーマにしたセッション
    19時50分~20時35分 第二部 知財戦略パネルディスカッション
    20時35分~21時15分 ネットワーキング
  • 場所:Startup Hub Tokyo
    東京都千代田区丸の内2-1-1 明治安田生命ビル TOKYO創業ステーション
    Startup Hub Tokyo(外部サイトへリンク)
登壇者

安高史朗(あたか しろう)/代表弁理士・公認会計士/IPTech特許業務法人
木崎智之(きさき ともゆき)/代表取締役CEO/株式会社リクポ
貝沼憲司(かいぬま けんじ)/企画調査課 課長補佐/経済産業省特許庁

参加方法

参加サインアップ(無料)はこちら(外部サイトへリンク)

10月18日(木曜日)CEATEC JAPAN 2018で知財関連セッションを開催しました!new

CEATEC JAPAN 2018において、特許庁から以下2つの特別セッションを行いました。

セッション(1) 「知財でビジネスを加速するスタートアップ特集!!」

概要

本セッションでは、スタートアップのビジネスモデルに特許や商標などの知財をうまく活用することで、技術の差別化、資金調達や大企業との連携などに至った好事例を紹介するとともに、最近の特許庁の施策を通じて知財を武器に事業を加速しようと挑戦するスタートアップを紹介しました。

登壇者

安達淳治(あだち じゅんじ)/代表取締役CEO/株式会社Kyulux
大原壮太郞(おおはら そうたろう)/代表取締役CEO/ソナス株式会社
島津敦好(しまづ あつよし)/代表取締役CEO/株式会社カウリス
松本要(まつもと かなめ)/企画調査課 課長補佐/経済産業省特許庁

セッション(2) 知財戦略勉強会(スタートアップ&ユニバーシティエリア限定イベント)

概要

本セッションでは、なぜスタートアップには知的財産を意識しなければならないのか、まず何から始めるべきか、など、オープンイノベーションの時代のスタートアップ知財戦略について、わかりやすく紐解いていただきました。

登壇者

白坂一(しらさか はじめ)/代表弁理士/特許業務法人白坂
松本要(まつもと かなめ)/企画調査課 課長補佐/経済産業省特許庁

当日の様子

(写真01)セッション1“知財でビジネスを加速するスタートアップ特集!!”
セッション1“知財でビジネスを加速するスタートアップ特集!!”
(写真02)セッション2“知財戦略勉強会”
セッション2“知財戦略勉強会”
 

→ 目次へ戻る

2. スタートアップ支援施策

知財アクセラレーションプログラムnew
IP Acceleration program for Startups(IPAS)★専門家募集中★

★IPAS専用ホームページを開設しました(8/30)。
採択スタートアップや、メンターの情報は、こちらをご覧ください。
IPAS専用ホームページ(外部サイトへリンク)

本プログラムは、知財戦略構築の必要性を感じているけれど具体的な実行に移せていない、何から始めればいいかわからない、というスタートアップを対象に、知財やビジネスなどの複数分野の専門家を含む知財メンタリングチームを一定期間派遣し、スタートアップのビジネスに対応した適切な知財戦略による事業の加速をスタートアップの皆様と一緒に目指すプログラムです。

支援内容:出口戦略等の診断・構築、シーズ戦略等の診断・構築、知財戦略構築サポート、即時権利化すべきシーズの出願戦略サポート 期待できる効果:製品・サービスの競争力強化、技術面での信用力獲得、他社協業形式の増加

プログラム概要

  •  知財の専門家とビジネスの専門家がチームになって知財戦略構築をご支援します。
  • 派遣期間はフォローアップも含め9月頃~2月頃を予定しています。
  • 知財面での課題をお持ちのスタートアップのご参加をお待ちしています。

プログラムの詳細については、募集要領(PDF:503KB)をご覧ください。

知財戦略IPASパンフレット表紙

スタートアップ公募

今年度は締め切りました。

専門家募集 7月20日~12月31日

本プログラムにご参加いただく専門家を募集します。

活動内容
  • (1)知財メンタリングチーム
    ご登録いただいた専門家の中から、知財メンタリングチームを組成します。
  • (2)スキルアッププログラム
    専門家同士の知識交換・補完、交流を目的としています。ご登録いただいたすべての専門家の方が、スキルアッププログラムへご参加いただけます(任意)。
登録対象

下記(1)または(2)に該当する者。(詳細は専門家登録要領(PDF:213KB)を参照)

  • (1)ベンチャービジネスの専門家(ベンチャーキャピタリスト、アクセラレーター、コンサルタントなど)
  • (2)知財の専門家(弁理士、弁護士など)

★知財メンタリングチームに参加したい方だけでなく、スタートアップ支援に興味のある知財専門家の方、知財戦略に興味のある投資家の方など、スキルアッププログラムへの参加を主に希望する方のご登録も大歓迎です。

※知財メンタリングチームへの参加募集は8月10日(金曜日)に締め切りました。

登録期間

7月20日(金曜日)~12月31日(月曜日)

登録方法

専門家登録フォーム(XLSX:141KB)をダウンロードし、必要事項をご記入の上、事務局メールアドレス(ipas-office@tohmatsu.co.jp)までメールでご送付ください。

FAQ(XLSX:15KB)

本プログラムについてのお問い合わせ

〒100-0005 東京都千代田区丸の内三丁目3番1号
知財アクセラレーションプログラム(IPAS)事務局  担当:上田、佐藤、半田
TEL 03-6213-1251
メール ipas-office@tohmatsu.co.jp

→ 目次へ戻る

ベンチャー企業対応!面接活用早期審査・スーパー早期審査

ベンチャー企業対応!面接活用早期審査・スーパー早期審査の説明図

詳細については、以下をご覧ください。

面接活用審査・スーパー早期審査についてのお問い合わせ

  • 特許庁審査第一部調整課 審査業務管理班
    電話:03-3581-1101 内線3106

→ 目次へ戻る

日本発知的財産活用ビジネス化支援事業
~JETRO Innovation Program (JIP)~

ジェトロ・イノベーション・プログラム(特許庁補助事業)では、スタートアップ等の知財を活用した海外展開を支援します。

  • 海外アクセラレーターと提携の上、ビジネスモデル構築やメンタリング、ピッチや展示会での商談機会等を提供し、海外展開をハンズオンで支援。
  • 今年度は、シリコンバレー・サンフランシスコ、中国深セン、ASEAN(インドネシア、マレーシア、タイ)、ベルリンでのプログラムを実施。
  • 応募要件は以下のとおり。

日本国内特許・実用新案・意匠を登録あるいは出願済みの、アからウのいずれかに該当する企業等

  • ア 小規模の個人事業主
  • イ 中小企業又は、中小企業で構成されるグループ
  • ウ 中堅企業(売上高1,000億円未満又は従業員1,000人未満の企業)

※今年度の募集は終了しました。
お申込み・詳細情報は、以下のリンクをご覧ください。
2018年度 日本発知的財産活用ビジネス化支援事業ジェトロ・イノベーション・プログラム(JIP) (外部サイトへリンク)

JIP事業に関するお問い合わせ先はこちら

ジェトロ・イノベーション促進課(担当:深澤、新藤、新田)

ジェトロ・大阪本部事業推進課(担当:反町、寺井、松田)※深セン・プログラムのみ

  • 〒541-0052 大阪市中央区安土町2丁目3-13大阪国際ビルディング29階
  • 電話: 06-4705-8602
  • E-mail: os_kikai@jetro.go.jp

→ 目次へ戻る

料金の減免制度

一定の要件を満たすスタートアップについては、特許料等の料金が軽減されます。

減免制度の説明図

軽減申請の様式等、詳細については、減免制度のページをご覧ください。

減免制度についてのお問い合わせ

  • 特許庁総務部総務課調整班
    電話:03-3581-1101 内線2105

→ 目次へ戻る

3. 知財コンテンツ

国内外ベンチャー企業の知的財産戦略事例集“IP Strategies for Startups”

国内10社、海外8社(イスラエル、ドイツ、シンガポール、中国)のベンチャー企業の事業方針と知財戦略、外部専門家との連携体制、知財の活用事例などを紹介。

オープンイノベーションのための知財ベストプラクティス集“IP Open Innovation”

大企業・中堅企業がベンチャー企業とオープンイノベーションを進める上で生じる課題とその対応策について、協業の目的に応じた類型化と各プロセスの進め方、知財部門の役割や協業で生まれた知財の取り扱いなどを紹介。
 

調査研究報告書本体[全体版](PDF:1,541KB)

知的財産デュー・デリジェンスの標準手順書“SKIPDD”

ベンチャー企業への出資や事業提携、M&Aを検討する際に行われる、知財の観点からの対象会社のリスク評価及び価値評価(知財デュー・デリジェンス)について、基本的なプロセスやポイントを紹介。

スタートアップが直面する知的財産の課題および支援策の在り方に関する調査研究

スタートアップの起業から事業化までのフェーズにおいて必要となる知的財産に関する支援策の在り方を検討するための基礎資料を作成することを目的として、調査研究を実施した。

→ 目次へ戻る

4. 知財功労賞 知財活用ベンチャー・オープンイノベーション推進企業

我が国の知的財産制度の発展に貢献した個人及び企業等を表彰する「知財功労賞」において、今年度から、「知財活用ベンチャー」、「オープンイノベーション推進企業」を新たに表彰しました。

平成30年度は、「知財活用ベンチャー」、「オープンイノベーション推進企業」として、以下の企業が受賞しました。

経済産業大臣表彰

特許庁長官表彰

平成30年度「知財功労賞」については、こちらをご覧ください。

→ 目次へ戻る

[更新日 2018年11月13日]

お問い合わせ

特許庁総務部企画調査課

TEL:03-3581-1101 内線2156

FAX:03-3580-5741

お問い合わせフォーム

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。