• ホーム
  • お知らせ
  • 制度・手続
  • 施策・支援情報
  • 資料・統計
  • 特許庁について
  • お問い合わせ Q&A

マイページ

使い方

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

ここから本文です。

特許審査官としての業務について

特許審査の流れ

1.発明内容の理解

 
発明内容を理解の様子 発明内容の正確な理解が、特許審査の第一歩。 出願書類をしっかり読み、発明のポイントや背景を把握、理解します。技術的な専門知識はもちろん、新しいアイデア等技術の新しい切り口を見抜く目も求められます。

2.先行技術調査

 
発明内容を理解の様子

庁内外の検索システムを用いて、特許文献や学術論文等のデータベースから過去に類似の技術がないか調査します。外国文献も対象ですから、英語等の語学力が求められます。実務を重ねながら検索スキルの向上に努めています。


3.特許性の判断・出願人とのやりとり

 
発明内容を理解の様子 特許審査官は、出願された発明と、発見された先行技術文献との対比を行い、特許法・審査基準に基づいて、特許性の判断を行います。
矢印  
発明内容を理解の様子

特許性があると判断した場合は特許査定を、特許性がないと判断した場合はその理由(=拒絶理由) を通知します。出願人は、拒絶理由通知に対し意見・補正等の応答を行い、これに対し、再度特許審査官は審査を行います。

矢印  
査定用紙 特許審査官は、 最終的に、特許査定、または拒絶査定を行います。

出願人・第三者の双方が納得する審査を行うためには、技術・法律の両専門知識に加え、高度な論理的思考が必要とされます。また、拒絶理由通知等は書面で行われるため、論述能力も必要とされます。

特許審査官からのメッセージ、一日の紹介

特許審査官としての業務についての問い合わせ先

特許庁 審査第一部 調整課

担当:木戸、西尾、山村

E-mail:お問い合わせフォーム(外部サイトへリンク)
(件名を「業務説明問い合わせ」としてください。)

電話:03-3581-1101 (内線3119)
03-3501-0738 (直通)

[更新日 2017年8月2日]