• ホーム
  • お知らせ
  • 制度・手続
  • 施策・支援情報
  • 資料・統計
  • 特許庁について
  • お問い合わせ Q&A

ホーム > 特許庁について > 最近の動き > フォトギャラリー > JICAインドネシア国別研修「商標審判委員会」を行いました

マイページ

使い方

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

ここから本文です。

JICAインドネシア国別研修「商標審判委員会」を行いました

2016年9月29日

9月26日から29日にかけて、特許庁が協力しているJICAの「インドネシアにおけるビジネス環境改善のための知的財産権保護・法的整合性向上プロジェクト」の一環として、インドネシア知的財産総局商標審判委員会のメンバーを対象とした研修を行いました。

本研修では、同国における商標審判制度の改善や機能拡張の検討の参考とするために、日本の審判制度や判決事例、そしてユーザーから見た制度活用等を学ぶとともに、活発な意見交換を通じて両国の制度の違いについて理解を深めました。

今後も、特許庁は、インドネシアとの知財制度に関する協力を強化してまいります。

インドネシア研修団
(インドネシア研修団)

研修風景
(研修風景)

※インドネシアにおけるビジネス環境改善のための知的財産権保護・法的整合性向上プロジェクト:
インドネシアにおいて、知的財産の審査の質の向上、知的財産事件の処理の予見性の向上、各執行機関の執行・取締体制の改善等を支援することにより、知的財産権制度について法的整合性を向上させ、知的財産権を保護する体制の強化を図ることを目的としています。特許庁は同プロジェクトに長期専門家を派遣し、インドネシア知的財産総局への助言・指導等を行っています。

[更新日 2016年9月30日]