• ホーム
  • お知らせ
  • 制度・手続
  • 施策・支援情報
  • 資料・統計
  • 特許庁について
  • お問い合わせ Q&A

ホーム > 特許庁について > 最近の動き > フォトギャラリー > 第5回日中韓審判専門家会合及び第3回日中韓国際審判官協議が開催されました

マイページ

使い方

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

ここから本文です。

第5回日中韓審判専門家会合及び第3回日中韓国際審判官協議が開催されました

2017年9月26, 27日

2017年9月26, 27日に、韓国特許庁(KIPO)にて、第5回日中韓審判専門家会合及び第3回日中韓国際審判官協議が開催されました。日本国特許庁(JPO)からは西村審判長らが、韓国特許庁(KIPO)からはRyu課長らが、中国国家知識産権局(SIPO)からはLi課長らが、参加しました。本会合では、各庁の最新状況の交換のほか、比較研究や今後の協力に関する意見交換を行いました。また、本協議では、実際の事件を題材として、審理における各庁の判断の異同について議論を行う審判官協議を行いました。JPO、KIPO 及びSIPOは、情報交換や意見交換を通じて、審判分野における協力関係と相互理解を深めることの重要性を確認しました。

特許庁は、今後も他国との審判に関する交流を積極的に進め、国際的な紛争処理システムの透明性向上に努めて参ります。

第5回日中韓審判専門家会合及び第3回日中韓国際審判官協議
第5回日中韓審判専門家会合及び第3回日中韓国際審判官協議

[更新日 2017年10月3日]