• ホーム
  • お知らせ
  • 制度・手続
  • 施策・支援情報
  • 資料・統計
  • 特許庁について
  • お問い合わせ Q&A

ホーム > 特許庁について > 最近の動き > フォトギャラリー > 日韓・日中韓の特許庁長官会合、日中韓特許庁シンポジウムを開催しました

マイページ

使い方

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

ここから本文です。

日韓・日中韓の特許庁長官会合、日中韓特許庁シンポジウムを開催しました

2017年12月8日

日本国特許庁と中国国家知識産権局(SIPO※)、韓国特許庁(KIPO※)は、12月6日~7日に、韓国済州島において第29回日韓特許庁長官会合、第17回日中韓特許庁長官会合及び日中韓特許庁シンポジウムを開催しました。

日韓・日中韓特許庁長官会合では、特許及び意匠の審査実務、機械化、審判、人材育成など、多方面にわたる今後の協力について協議しました。

シンポジウムでは、日本、中国、韓国の有識者が参加し、第4次産業革命に対応した知財戦略をテーマとした講演やパネルディスカッションが行われました。

プレスリリース:
日韓・日中韓の特許庁長官会合、及び、日中韓特許庁主催のシンポジウムを開催しました
(公表日:平成29年12月8日)(経済産業省のページへ)

(写真)第29回日韓特許庁長官会合 宗像長官と成KIPO庁長
第29回日韓特許庁長官会合
宗像長官と成KIPO庁長

(写真)第17回日中韓特許庁長官会合 宗像長官と申SIPO局長、成KIPO庁長
第17回日中韓特許庁長官会合
宗像長官と申SIPO局長、成KIPO庁長

(写真)日中韓特許庁シンポジウム
日中韓特許庁シンポジウム

※SIPO:State Intellectual Property Office of the People's Republic of China

※KIPO:Korean Intellectual Property Office

[更新日 2017年12月8日]