• ホーム
  • お知らせ
  • 制度・手続
  • 施策・支援情報
  • 資料・統計
  • 特許庁について
  • お問い合わせ Q&A

ホーム > 特許庁について > 最近の動き > フォトギャラリー > 三極特許庁長官会合が開催されました

マイページ

使い方

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

ここから本文です。

三極特許庁長官会合が開催されました

2018年3月5日

特許庁、米国特許商標庁と欧州特許庁は、3月2日、箱根町にて第36回三極特許庁長官会合を開催しました。三極特許庁長官会合では、特許制度調和、コンピュータソフトウェア関連発明の三極比較研究、PCTの品質改善及び標準必須特許に関する取組について議論を行いました。

この会合に併せて、3月1日に日米欧の三極ユーザー団体を招待し、三極特許庁長官・ユーザー会合を開催しました。三極特許庁長官・ユーザー会合では、特許制度調和、コンピュータソフトウェア関連発明の三極比較研究及び第四次産業革命について議論を行いました。

この機会をとらえ、欧州特許庁及びビジネスヨーロッパと個別に会合を行いました。欧州特許庁との会合では、特許庁業務へのAI活用、PCTの品質改善及び標準必須性の判断について議論を行いました。また、ビジネスヨーロッパとの会合では、標準必須特許に関する取組及びコンピュータ関連発明の保護について議論を行いました。

(写真)握手する三極特許庁長官
三極特許庁長官会合時の写真
(左から、欧州特許庁(EPO)バティステリ長官、日本国特許庁(JPO)宗像長官、
米国特許商標庁(USPTO)イアンク長官)

[更新日 2018年3月6日]