• ホーム
  • お知らせ
  • 制度・手続
  • 施策・支援情報
  • 資料・統計
  • 特許庁について
  • お問い合わせ Q&A

ホーム > 特許庁について > 最近の動き > 2018年4月 > 平成30年度特許庁入庁式を行いました

マイページ

使い方

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

ここから本文です。

平成30年度特許庁入庁式を行いました

2018年4月2日

平成30年4月2日、平成30年度特許庁入庁式を行いました。今年度は事務系職員22名、任期付職員32名を含む審査系職員83名が入庁しました。新規採用者に対して、宗像特許庁長官から訓示があり、「特許庁は最先端のイノベーションを支える立場にあり、仕事の仕方についても常に新しいアイデアや技術を取り入れ、霞が関のモデルになるという使命を持って働いていただきたい」と伝えられました。

(写真)壇上で訓示を述べる長官と、聞き入る新入職員
宗像長官による訓示

(写真)長官から辞令を受け取る新入職員
宗像長官による辞令交付

[更新日 2018年4月2日]

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。