フィリピン知的財産庁のラルセス副長官一行が特許庁を訪問しました | 経済産業省 特許庁

  • ホーム
  • お知らせ
  • 制度・手続
  • 施策・支援情報
  • 資料・統計
  • 特許庁について
  • お問い合わせ Q&A

ホーム > 特許庁について > 最近の動き > 2018年7月 > フィリピン知的財産庁のラルセス副長官一行が特許庁を訪問しました

マイページ

使い方

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

ここから本文です。

フィリピン知的財産庁のラルセス副長官一行が特許庁を訪問しました

2018年7月27日

7月26日、フィリピン知的財産庁(IPOPHL)のラルセス副長官を代表とする訪日団一行が特許庁を訪問し、嶋野特許技監と両庁間の協力関係について意見交換を実施しました。

バイ会談では、特許審査基準及び国際調査機関(ISA)業務について議論し、両庁間の相互理解と協力関係の強化を今後も進めていくことを確認しました。

特許庁はフィリピンを含めたASEAN各国との国際的な協力関係を進め、我が国企業の知的財産が迅速・円滑に確保され、適切に保護される知財環境の整備に努めてまいります。

(写真01)左から、嶋野特許技監、ラルセス副長官
左から、嶋野特許技監、ラルセス副長官

(写真02)訪日団との集合写真
訪日団との集合写真

[更新日 2018年7月27日]