• ホーム
  • お知らせ
  • 制度・手続
  • 施策・支援情報
  • 資料・統計
  • 特許庁について
  • お問い合わせ Q&A

ホーム > 特許庁について > 最近の動き > 2018年9月 > メキシコでAIPPI World Congress 2018が開催されました

マイページ

使い方

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

ここから本文です。

メキシコでAIPPI World Congress 2018が開催されました

2018年9月28日

9月23~26日に、カンクン(メキシコ)で国際知的財産保護協会*(AIPPI)主催の「AIPPI World Congress 2018」が開催され、約80か国から知財の専門家・実務者が集まり、知財に関する様々なトピックについて議論が行われました。

特許庁からは岩崎審査第三部長が、パネルディスカッション「五庁協力(IP5 Cooperation)」のパネリストとして出席し、五庁を代表してPPHの成果等を紹介するとともに、五庁協力の将来について、他の四庁からの出席者及び会場の参加者と活発な意見交換を行いました。

また、この機会を捉え、メキシコ産業財産庁(IMPI)を訪問し、ナハニー特許部長らと両庁間の協力について意見交換を行いました。

(写真)関係者の集合写真
AIPPI World Congress 2018 パネルディスカッションメンバーの集合写真

(写真)阿部首席審判長
IMPI訪問時の集合写真
左から2人目がIMPIナハニー特許部長、
右から3人目が岩崎審査第三部長

*国際知的財産保護協会(AIPPI):知的財産の国際的動向を調査研究し、斯界の国際交流を進め、知的財産の国際的な発展に寄与することを目的とする団体。企業関係者、弁理士、弁護士、大学・研究機関の研究者等の幅広い階層の知的財産に携わる専門家や実務者を会員としている。

[更新日 2018年9月28日]

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。