• ホーム
  • お知らせ
  • 制度・手続
  • 施策・支援情報
  • 資料・統計
  • 特許庁について
  • お問い合わせ Q&A

ホーム > 特許庁について > 最近の動き > 2018年12月 > 日中韓特許庁長官会合、日中韓特許庁シンポジウムを開催しました

マイページ

使い方

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

ここから本文です。

日中韓特許庁長官会合、日中韓特許庁シンポジウムを開催しました

日本国特許庁と中国国家知識産権局(CNIPA)、韓国特許庁(KIPO)は、12月13日に、中国湖北省武漢市において第18回日中韓特許庁長官会合及び第6回日中韓特許庁シンポジウムを開催しました。

日中韓特許庁長官会合では、意匠、商標、審判、人材育成分野など、多方面にわたる協力について協議しました。

シンポジウムでは、日本、中国、韓国の有識者が参加し、「新たな時代、より強力な知的財産保護」をテーマとした講演やディスカッションが行われました。

(写真01)第18回日中韓特許庁長官会合 宗像長官、申CNIPA局長、朴KIPO庁長

第18回日中韓特許庁長官会合
宗像長官、申CNIPA局長、朴KIPO庁長

[更新日 2018年12月17日]