• 用語解説

ここから本文です。

中小企業向けのハンズオン支援を実施します!

概要

産業財産権専門官をはじめとした特許庁職員が、中小企業に対して、事業計画・研究計画といった経営戦略の段階から複数回訪問をし、オープンクローズ戦略や海外展開等についての知財戦略構築に向けた提案を行います。さらに、課題が明確した際には、必要に応じて(独)工業所有権情報・研修館(INPIT)と連携をして弁理士等の専門家派遣等に繋げ、企業の課題解決までご支援します。

支援フロー

  • 企業訪問(オンラインでの会議の実施も含む)により、経営戦略や将来のビジョンを確認し、経営戦略の現状を把握・整理し、方向性の確認をします。
  • 整理された経営戦略の課題に対して知財面からの現状・課題を特許庁側で見える化します。
  • 見える化された知財の現状・課題に対して、優先度を決めつつ、その対応の方向性・その仕組みを一緒に検討します。
  • 知財の課題への具体的な対応を提案いたします。

費用

訪問にかかる交通費や謝金は不要です。産業財産権専門官をはじめとした特許庁職員が無料で訪問します。お気軽にご利用ください。また、(独)工業所有権情報・研修館(INPIT)からの専門家派遣も無料です。

対象者

  • 地域未来牽引企業
  • 戦略的技術高度化支援事業採択者(過去年度分含む)
  • ものづくり補助金交付決定先(過去年度分含む) 等

申込方法

ハンズオン支援申込書(Word文書:39KB)に記載の上PA0661@jpo.go.jpまでお送りください。特別な資料の添付は不要です。

申込後の流れ

  • 特許庁の担当者よりご連絡させていただきます。
  • 実際の訪問の前に、ヒアリングシートに企業情報等をご記入いただくなど、企業側にもご対応いただきますが、過度に負担とならないようサポートいたしますので、お気軽に申し込みください。

[更新日 2020年6月22日]

お問い合わせ

普及支援課産業財産権専門官

電話:03-3581-1101 内線2340

FAX:03-3506-8615

お問い合わせフォーム