• 用語解説

ここから本文です。

Patentcloudシリーズ製品SEP OmniLytics(一部機能)

【注意】
ここに掲載されている情報は、すべて各事業者より提供された情報に基づいて作成されており、特許庁が、掲載されている各事業者のサービスの利用を推奨し、又はそのサービスの内容を保証するものではありません。
また、各事業者のサービスを利用することにより生じる一切の損害等については、各事業者と利用者との間で解決されるものであり、特許庁がその賠償をし、又はこれを補償する責任を負うものではありません。

サービス名

Patentcloudシリーズ製品SEP OmniLytics(一部機能)(外部サイトへリンク)

サービスの特徴・概要

知財インテリジェンス・プラットフォームPatentcloudでは、SEPの最新動向などを提供します。独自開発したマトリクス分析機能では、技術トレンドの把握や競合分析に活用できるだけでなく、特許ポートフォリオの収益化の実現もサポートできます。Patentcloudのシリーズ製品「SEP OmniLytics」及び「Due Diligence」などの一部が無料でご利用いただけます。

サービス一覧

サービス 有料・無料 特徴、概要
Patentcloud SEP OmniLytics(一部機能)(外部サイトへリンク) 無料

【概要】

  • ダッシュボード「ETSI標準必須特許」は閲覧可能。全世界のSEPの出願状況が一目瞭然。
  • 簡単な登録で無期限で利用可能。
  • 収録範囲:全てのETSI必須特許(5庁、PCTなど世界75以上の国・地域・機関以上のSEPを含む)
  • チャートから次の情報を確認できます。
  1. ETSI標準必須特許宣言年推移状況
  2. 必須性分析
  3. 標準必須特許宣言企業ランキング
  4. 宣言特許発明者ランキング
  5. 通信システムごとの宣言特許
  6. 宣言特許の出願国分布
  7. 3GPPワーキンググループ分布
  8. 3GPP標準規格(TS)ごとの必須宣言ファミリー件数

【特徴】

  • フィルター機能で表示内容を絞り込み可能。

【画面見本】
(画像)Patent Integration Reportの画面見本

Patentcloud SEP OmniLytics(全機能)(外部サイトへリンク) 有料
(無料トライアル有)

【概要】

  • ダッシュボード「ETSI標準必須特許」のほか、「ウォッチリスト」「企業概要」も閲覧や利用が可能。
  • 7日間の無料トライアル登録で全てのフル機能が利用可能。
  • 収録範囲:全てのETSI必須特許(5庁、PCTなど世界75以上の国・地域・機関以上のSEPを含む)
  • ダッシュボード「ウォッチリスト」では、SDIの条件(出願国、出願日、3GPP 標準規格など)を設定すると、検索結果を定期的にメールで受信することができます。
  • ダッシュボード「企業概要」では、対象企業ごとの保有SEPポートフォリオ情報が横断的に閲覧可能です。チャートから下記の情報を確認できます。
  1. 企業の保有している宣言特許数
  2. 必須性分析
  3. 宣言特許の出願国分布
  4. 企業の保有している宣言特許の残存期間
  5. 企業の失効した宣言特許
  6. 企業の宣言特許ファミリー件数推移
  7. 宣言特許発明者ランキング
  8. 通信システムごとの宣言特許
  9. 標準必須特許3GPPワーキンググループ分布
  10. 3GPP標準規格(TS)ごとの必須宣言ファミリー件数

【特徴】

  • フィルター機能で表示内容を絞り込み可能。
  • チャートをクリックしていくと、特許全文の閲覧、検索結果の出力・保存、クレームチャートの自動生成などが利用可能。
  • 宣言特許の現権利者のリストから企業名をクリックすると当該企業の概要ページが表示。
  • 任意のチャートをクリックすると、保有特許のリストが表示。
  • 「必須性ランク」などをクリックすると、自動生成クレームチャートの操作画面が表示。

【画面見本】
(画像)Patentcloudシリーズ製品SEP OmniLytics(一部機能)の画面見本

Patentcloud Due Diligence(外部サイトへリンク) 有料
(無料トライアル有)

【概要】

  • AIアルゴリズムにより、特許ポートフォリオの品質と価値の客観的な評価指標を提供。
  • 収録範囲:世界90以上の国・地域・機関(5庁、PCTなどを含む)
  • 一回最大処理件数:50,000件
  • 特許ポートフォリオの残存期間、発明人情報、引用情報、譲渡・訴訟情報(中国・米国のみ)などを7つのダッシュボード及び各種のチャートで表示。

【特徴】

  • 企業名又は特許番号を入力(csv、xlsxなどでインポート可)するだけで特許ポートフォリオを確認可能。
  • 任意のチャートをクリックすると、保有特許のリストが表示。リスト内容の保存・出力が可能。

【画面見本】
(画像)Patentcloudシリーズ製品SEP OmniLytics(一部機能)の画面見本

SEP OmniLyticsの(一部機能)の使用例

登録方法

「SEP OmniLyticsの無料トライアル登録ページ」(外部サイトへリンク)にアクセスして、無料トライアルにご登録ください。
無料トライアルに登録後、7日間以内はフル機能が利用可能です。
7日後、ダッシュボード「ETSI標準必須特許」を無期限無料で閲覧可能です。
チャートに表示する内容をフィルターで絞り込むこともできます。

同じアカウント(メールアドレス)で、複数のPatentcloudシリーズ製品の無料トライアルに同時に申し込めますので、連携機能にご興味をお持ちの方は、是非お試しください。

(画像)図1 SEP OmniLyticsの画面見本

SEPの全体像を見える化

12種のフィルターを利用して、法的状況や出願期間など競合分析に必要な情報を簡単に取得できます。特に「宣言企業」を検索条件に指定できるので、特定企業のSEPポートフォリオの全体像の把握にも役立ちます。

(画像)図2 SEP OmniLyticsの画面見本

上記のように、「宣言企業」から調査企業を選択して「設定」をクリックすると、対象企業のSEPポートフォリオの情報を一括確認できます。

(画像)図3 SEP OmniLyticsの画面見本

必須性評価

SEP OmniLyticsの独自の「必要性ランキング」では、3GPP技術仕様との比較を通じて、対象特許と標準規格との技術的関連性、及びその技術的本質を評価します。SEPポートフォリオの必須性の判断に役立ちます。

(画像)図4 SEP OmniLyticsの画面見本

標準必須特許宣言企業ランキング

企業ごとの5G-SEP保有数及び競合情報を簡単に入手できます。

(画像)図5 SEP OmniLyticsの画面見本

宣言特許の出願国分布

宣言特許の出願国分布からターゲット市場が含まれているか否かを確認できます。

(画像)図6 SEP OmniLyticsの画面見本

SEP OmniLytics(7日間の無料トライアル)の使用例

対象企業の保有SEPなどを網羅に調査

「会社情報」タブでは、対象企業の3GPPメンバーシップを一括確認できます。また「現権利者として」及び「宣言企業として」の2つのタブでは、異なる視角で保有SEPの内容を確認できるため、特許権保持者が自ら宣言を行って取得したSEPと、他社から取得したSEPの把握に役立ちます。

(画像)図7 SEP OmniLyticsの画面見本

自動生成クレームチャート

SEP OmniLyticsの「自動生成クレームチャート」では、クレームと3GPP標準規格との対応状況を照合することにより、技術仕様書のキーワードがクレームに現れているかを瞬時に確認することができます。

(画像)図8 SEP OmniLyticsの画面見本

Due Diligence(7日間の無料トライアル)の使用例

企業名を入力するだけで、親会社・子会社が階層ツリー構造で表示されます。
調べたい対象を選択すれば、その保有特許ポートフォリオを確認できます。
特許の品質・価値ハイライト、権利者・発明者・出願者の統計、引用情報などがダッシュボードで視覚化されるので、特許ポートフォリオの全体像が簡単に確認可能です。

ダッシュボード「品質と価値」

ダッシュボード「品質と価値」では、独自のAIアルゴリズムにより、特許ポートフォリオの品質と価値を自動評価できます。

(画像)図9 Due Diligenceの画面見本

上記のほか、「経過情報ハイライト」「品質ハイライト」「価値ハイライト」などのダッシュボードがあります。7日間無料トライアルでは、フル機能が利用可能ですのでご興味のある方はぜひお試しください。

事業者情報

InQuartik Japan 株式会社(外部サイトへリンク)

掲載を希望される事業者

知財インテリジェンスサービス一覧への掲載申請を受け付けています。掲載を希望する場合は、次のフォームから申請してください。

知財インテリジェンスサービスの紹介(試行)に戻る

[更新日 2021年9月17日]

お問い合わせ

特許庁総務部企画調査課 知財動向班

電話:03-3581-1101 内線2155

FAX:03-3580-5741

お問い合わせフォーム