• 用語解説

ホーム> 支援情報・活用事例> 特許情報プラットフォーム(J-PlatPat)> 特許情報プラットフォーム(J-PlatPat)の刷新について

ここから本文です。

特許情報プラットフォーム(J-PlatPat)の刷新について

平成31年4月
特許庁総務部総務課情報技術統括室

特許庁は、高度化、多様化する特許情報へのユーザーニーズに応えるべく、特許情報プラットフォーム(J-PlatPat)の機能改善に取り組んでいます。

このたび、さらなる利便性向上のため、情報更新の迅速化や検索対象範囲の拡充といった機能改善を行います。また、これまで産業財産権情報に触れる機会のなかった方々にもスムーズにJ-PlatPatをご利用いただけるよう、ユーザーインターフェースを一新します。

リリース予定日

  • 平成31年5月7日9時00分~(予定)

なお、リリース準備のため、平成31年5月3日9時00分~5月7日9時00分の期間、J-PlatPatの全サービスを停止します。

改善される機能について

ユーザーインターフェースを一新することにより、J-PlatPatユーザーの皆様はもちろん、これまで産業財産権情報に触れる機会のなかった方々にもスムーズにご利用いただけます。

  • J-PlatPatトップページ
    J-PlatPat

また、改善される主な機能は、以下のとおりです。

  • タイムラグの改善(審査・審判経過情報の反映の迅速化)
  • 参照できる書類の範囲拡充
  • 中国語・韓国語の特許・実用新案文献が日本語で検索可能に
  • 権利が消滅した商標も検索可能に
  • 日英機械翻訳の改善

他にも様々な機能について追加・改善を行い、使いやすさを改善します。詳細は、「特許情報プラットフォームの機能改善について」(平成30年7月10日掲載)をご参照ください。

中韓文献翻訳・検索システムについて

J-PlatPatの機能改善の一つとして、これまで「中韓文献翻訳・検索システム」により提供されていた中国語・韓国語の特許・実用新案文献がJ-PlatPatに移行され、「特許・実用新案検索」メニューから日本語により検索可能となります。(上記「改善される機能について」をご参照ください。)

これに伴い、現在の「中韓文献翻訳・検索システム」のサービス提供が、平成31年6月28日(金)で終了します。

[更新日 2019年4月25日]

お問い合わせ

総務課情報技術統括室特許情報企画調査班

TEL:03-3581-1101 内線2361

お問い合わせフォーム