• 用語解説

ここから本文です。

2020年6月6日発効 1999年改正協定への加盟:メキシコ(参考訳)

2020年3月6日、メキシコ政府は、ハーグ協定のジュネーブ改正協定(1999年)の加盟書をWIPO事務局長Francis Gurry氏に寄託しました。メキシコはハーグ制度に加盟するラテンアメリカで最初のスペイン語圏の国であり1999年改正協定の64番目の加盟国、及びハーグ同盟の74番目の加盟国となります。1999年改正協定は、メキシコにおいて2020年6月6日に発効します。

2020年6月6日の時点で、メキシコの企業やデザイナーはハーグ協定の1999年改正協定をもとに締約国において、工業デザインの保護のため、ハーグ制度の利用を開始することができます。これにより、1つの国際出願及び一括手数料で最大89の国での保護を求めることができるようになります。

国内や外国の企業やデザイナーは、2020年6月6日から、ハーグ制度を通じて、メキシコにおいて意匠の保護を求めることができます。

法的内容

加盟書は、1999年改正協定及び共通規則に基づく以下の宣言を含みます。

  • 第7条(2) :個別指定手数料
  • 第11条(1)(b) :公表の延期規定無し
  • 第13条(1):意匠の単一性に関する特別の要求
  • 第16条(2):特定する証明書又は文書をメキシコ官庁が受領するまで所有権の変更の効果を有しない
  • 第17条(3)(c) :保護の存続期間
  • 第8規則(1)(a)(i):出願人に関する特別の要件
  • 第12規則(3):二つの部分に分けて支払うことが出来る個別指定手数料
  • 第18規則(1)(b) :12カ月の拒絶通報
  • 第18規則(1)(c)(i):国際登録の効果の日

ハーグ制度について

ハーグ制度は、費用対効果のよい効率的な工業デザインの登録方法を提供します。1つの出願により、最大100の工業デザインを74の国や政府間機関において登録することができます。ハーグ制度を用いることにより、個々の国/地域へ出願する必要がなくなります。

1つの出願、一括手数料、単一の言語により、工業デザインの登録が簡単になりました!

2020年3月6日

[更新日 2020年3月24日]

お問い合わせ

特許庁 国際意匠・商標出願室 ハーグ担当

電話:03-3581-1101 内線2683

FAX:03-3580-8033

お問い合わせフォーム

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。