• 用語解説

ホーム> 制度・手続> 意匠> 【意匠の国際出願】ハーグ協定のジュネーブ改正協定に基づく国際出願> 【意匠の国際出願】締約国の情報> 1999年改正協定第7条(2)及び共通規則28(2)(b)に基づく個別指定手数料の変更:イスラエル(参考訳)

ここから本文です。

1999年改正協定第7条(2)及び共通規則28(2)(b)に基づく個別指定手数料の変更:イスラエル(参考訳)

  1. イスラエル政府は意匠の国際登録に関するハーグ協定の1999年改正協定の第7条(2)に基づき、イスラエルを指定する国際出願の際及びイスラエルが指定された国際登録の更新の際に支払われるべき個別指定手数料の額を変更する旨の宣言を世界知的所有権機関(WIPO)事務局長に通知しました
  2. ハーグ協定の1999年改正協定及び1960年改正協定に基づく共通規則第28規則(2)(b)に基づき、世界知的所有権機関(WIPO)事務局長は、イスラエル特許庁(ILPO)との協議の結果、新たなスイスフラン額を設定しました。
     
    個別指定手数料 金額
    (スイスフラン)
    国際出願 意匠ごとに 113
    減額後の額(意匠ごとに) 68
    更新 更新1回目 意匠ごとに 141
    更新2回目 意匠ごとに 170
    更新3回目 意匠ごとに 198
    更新4回目 意匠ごとに 226

     

  3. 1999年改正協定の第30条(1)(ii)及び受領した宣言に基づき、当該新料金は2020年4月9日に発効します。

2020年3月11日

●原文(英語):Change in the amounts of the individual designation fee: Israel (HAGUE/2020/4)

●参照:Hague Information Notices(外部サイトへリンク)

[更新日 2020年3月24日]

お問い合わせ

特許庁 国際意匠・商標出願室 ハーグ担当

電話:03-3581-1101 内線2683

FAX:03-3580-8033

お問い合わせフォーム

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。