• 用語解説

ホーム> 制度・手続> 特許> 特許協力条約(PCT)に基づく国際出願> 国際出願関係手数料> クレジットカードによる納付(指定立替納付)制度を利用した手数料の返還

ここから本文です。

クレジットカードによる納付(指定立替納付)制度を利用した手数料の返還

1. クレジットカードによる納付(指定立替納付)制度の概要

2019年4月1日から新たな納付方法としてクレジットカードによる手数料納付(指定立替納付)が可能になりました。PCT国際出願においてもオンラインで国際出願願書、予備審査請求書等を提出する場合、クレジットカードによる手数料納付(指定立替納付)が可能になりました。

(注)2019年4月より導入のクレジットカードによる納付(指定立替納付)は、書面での手続にはご利用できません。クレジットカードによる納付をご希望の方は、電子出願ソフトを用いて手続を行ってください。

2. 返還請求手続

(1)返還請求書の様式

クレジットカードによる納付(指定立替納付)制度を利用して手数料を納付した場合、当該手数料の返還につきましては、以下(2)「提出書類」に掲載する返還請求書を書面で提出してください。

なお、実際の返還は、特許庁からクレジットカード会社に返納し、その後クレジットカード会社が手数料を納付した者へ精算を行います。このため、従来の返還請求手続きと異なり、返還金の振込先の記載は不要です。

ただし、以下のように手数料を納付した者の地位の変動があった場合は、特許庁から直接返還請求者に返還しますので、従来と同様に返還金の振込先を記載してください。

  • (a)手数料を納付した者が出願人Aで、その出願人Aが国際出願を出願人Bに譲渡したとき
  • (b)手数料を納付した者が代理人Aで、その代理人Aが解任され、代理権が消滅したとき

(2)提出書類

(3)提出先

〒100-8915 東京都千代田区霞が関三丁目4番3号
特許庁出願課国際出願室受理官庁

[更新日 2019年4月1日]

お問い合わせ

特許庁審査業務部出願課国際出願室受理官庁

TEL:03-3581-1101 内線:2643

お問い合わせフォーム